Entries

スポンサーサイト

小さな大自然

森の中をうろついているときに、たまたまそこにあったベンチに2匹のトンボが留っていました。と、その瞬間黒い小さな影が。背後からトンボに襲いかかります。1匹目は逃げ延びたものの、すかさず残りの一匹に襲いかかる黒い影。その正体は。。。小さなスズメバチでした。ちょっと自信がないのですが、絵合わせで「ニッポンホオナガスズメバチ」か「キオビホオナガスズメバチ」に見えます。...

新しい世代

モミの森を歩いているときに少しだけ気になる倒木があったのでひっくり返してみました。おっ。ヒキガエルだ。かわいい!まだ若いですね。...

花にまつわるエトセトラ

山に到着してすぐ目に入ってきたのがこの花。残念ながら種名が判りませんでした。図鑑、欲しいなあ。こちらの酒場のお客さんは・・・...

証拠写真

モミの林で見つけました。もう相当古いのですが、これっておっきなトラカミキリ。ですよねぇ。いるんだ!と思ったら、元々記録があったようです。ははは。そして本体には会えませんでした。。。...

晩夏のポイント探索行

岩ちゃんと、日光方面に行ってきました。今回はもうほんとに虫の写真はありません。うーーーー。来年に向けて良さげなポイントを見つけられたのが大収穫。かも。来年にならないとわからないけれど・・・。...

オオホソコバネカミキリ

[オオホソコバネカミキリ Necydalis solida] ♀です昨日のクロホソコバネと比べると大きさはともかくその体型の大きな違いがはっきりしますね。クロホソは寸詰まりで頑強、オオホソはすらっとして胴長。標本にしておくとあとからこういう比較が容易く出来ますね。...

クロホソコバネカミキリ

以前「標本でご紹介する。」と書いたクロホソコバネカミキリの標本写真です。[クロホソコバネカミキリ Necydalis harmandi]うぅ、早くも崩れてる。。。こちらが♀です。ちょっとずんぐりしたスタイルが特徴的です。触角の基部付近や脚の白色部もよく目立ちますね。で、胸部のすぐ後ろに甲虫の証、鞘翅があります。...

へなちょこカミキリロード

読後少々間が空いてしまいましたが、るどるふさんの著書、へなちょこカミキリロードの感想とご紹介を。もともとるどるふさんの「甲虫採遊記」が大好きで、何度も何度も拝見しておりました。今回のこの本もその「甲虫採遊記」からのエピソードを絡めながら、誰にでもわかりやすい昆虫採集ガイドブック的側面を持った一冊と言えると思います。他の昆虫採集読本との決定的な違いを感じたのは、現在進行形の虫屋の気持ちがあちらこちら...

地元の祭り

先週末お祭りがありました。南越谷の阿波踊りです。たまたま通りかかったのでちょっとだけ見物。足並みが揃ってますねぇ。(当たり前???かなぁ)...

近所に住んでいる蝉たち3

近所で見られるセミはこれで最後。ツクツクボウシです。これまでご紹介したセミたちより二周り以上小さいかわいらしいセミです。「オーシンツクツク・・・」と表される鳴き声はとても特徴的です。...

近所に住んでいる蝉たち2

僕の中でセミの鳴き声といえばやはりこのミンミンゼミです。「ミーンミンミンミンミーン」という声がすると、虫採りに行きたくてしょうがない気分になります。小学生のころの夏休みがこのセミの声とともに記憶に残っているからだと思います。この写真のような薄緑色のものと、今回は目撃できませんでしたが、黒地に緑色の模様が入った個体がいて、こちらの方が配色としては好きです。...

近所に住んでいる蝉たち1

声を頼りに、近所に住んでいるセミたちをご紹介します。まずはなんと言ってもアブラゼミ。...

日照時間日本一の場所

日照時間が日本で一番長いといわれている場所ってどこかご存知でしょうか。故郷の隣町、山梨県の旧明野村です。(現在は北杜市明野町)実際は公的な記録ではなく、地元の教育機関で実測したデータに基づいてのものらしいです。で、ここではそのフレーズを売りにして、町おこしをしているそうなのですが、その一環がこの「ひまわり畑」です。何のことはないひまわりなのですが、これだけの数が集まると壮観ですね。ちなみに公的な観測...

ムシトリアミと甥っこ

お盆ということで山梨の実家に帰省してきました。今回はいつものような虫採りはなしです。というのも4歳の甥が来ていたため、僕はいい遊び相手になっていたのでした。...

さても盆休みあけ

長いようで短かった盆休みもあけ、今日から仕事です。世間の会社はまだ休みのところも多いらしく、職場への電話もいまだ一件もないという・・・ヒマといえばヒマ。展足用の虫でも持ってくれば良かったかな。なんちゃって。...

現在進行形

・・・。採集地にあった貼り紙。「熊出没注意」ならよく見かけるんだけどなあ。山に入る方々、気をつけてくださいね。お盆休みです。実家に帰ってのんびりしてきたいと思います。それではまた。...

繻子

ブナ林の林床にひっそり咲いていたシュスランです。シュスというのは漢字では「繻子」。葉の手触り、質感からつけられた名前のようです。日本の野生蘭って侘び寂びがありますね。派手な色のものも葉が一枚、一茎一花だったりして、どこか遠慮がちで。野生蘭もいろいろ見てみたい種類が満載なのですが、なかなか出会えずにいます。来年は注意深く探してみようかな。今日の物欲解消アイテム。GENTOS SUPERFIRE SF-501懐中電灯です。L...

今回の話の脇役

あくまで「クロホソコバネカミキリさがしの」脇役です(^ ^)みんなそれぞれ主役でもいいんですよ。念のため。最近お気に入りの寄生蜂。そろそろ名前も調べなくちゃ。ですね。産卵の真っ最中の様子。普段見える産卵管のようなものは、どうやら本当の産卵管を守るための鞘になっているようです。なんていうか、メカニカルですねぇ。...

再挑戦~第2話~

さてさて続きです。クロホソコバネカミキリの♂はやや薄暗く、立ち枯れの樹皮がはがれたところにじっと佇んで触角だけをせわしなく震わせています。僕が思うに、♀が好むと思われる状態の立ち枯れを占有しているのではないでしょうか。ソリダと異なるのは、あまり歩き回らないこと。日当りの悪い場所に好んでいること。この辺りがわかるとぽつぽつと見つけることが出来るようになりました。...

閑話休題

ととと。出ましたね。http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2006/0809_d80_01.htm今朝からトップページに入れなくなっていたのですが、いいなあ、これ。SDカード安いしなあ。画素数はこんなにいらないかもしれないけれど。。。ついでだからhttp://www.apple.com/jp/macpro/これもいいなあ v...

再挑戦

先週クロホソコバネカミキリに会えなかったので、再挑戦しに行ってきました。今回は文句なしの晴天。前回一緒だった友人と今回も一緒です。現地に着いて雑談していると、某凄腕採集人(Iさん)がいらっしゃいました。採集技術などいろいろ参考にさせてもらえそうで楽しみです。さて、ポイントまで行きます。今日は主にダケカンバの立ち枯れをチェックして行きます。始めて早々に、オオホソコバネカミキリの♂が立て続けに採れました。...

Picasaスタート

GoogleのPicasa Web AlbumのサービスがMacでも始まったのでお試しもかねてムシトリアミとボク@Picasaをオープンしました。大判写真を載せていきます。まだ写真は少ないですが、興味がありましたら是非ご覧ください。このページのリンクにも追加しておきました。うーん、便利だ。(一応・・・)無断転用は禁止とさせていただきます。転用される場合はご連絡ください。...

空色と意外な顔

ちょっと乾燥した伐採木で見つけました。[ルリボシカミキリ Rosalia bateshi]です。標本にすれば色褪せてしまうことで有名なのですが、その空色は写真でも写し取りきれない気がします。写真の腕がもっと欲しい。。。普通に見られるカミキリですが、これ以上ない美しさだと思います。...

晴れ間がのぞいたよ

おぉ~っ!辺りが一気に明るくなりました!暑い日差しが射しています。気温もみるみる上がって17.5℃。このまましばらくすれば立ち枯れの表面も乾いてくるでしょう。そうすれば・・・。と思ったのもつかの間、すぐに日が翳りぽつぽつと小雨が降ってきます。これまたすぐ止んでまた晴れる。恐ろしくめまぐるしく天気が入れ替わります。けれどもありがたいことに、立ち枯れの表面は少しずつ乾燥してきているようです。と、その時、立...

第1回夏休み

社会人なので夏期休暇。ですか。日曜の夜から友人と群馬県まで行ってきました。昨年採集できなかったオオホソコバネカミキリとクロホソコバネカミキリの♀を今年こそ採集したいところです。街灯や自販機の明かりに集まる虫たちを採集しながら日曜日のポイント付近までのんびり向かいます。ミヤマ、ノコギリといったクワガタや、たくさんのカブトムシを「真夏に向けて」拾って行きます。ヒゲナガカミキリやノコギリカミキリなどのよ...

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。