Entries

スポンサーサイト

いつか見た夕焼け

9月24日の夕焼け。今日は休日出勤で見ることが出来ませんでしたが、どんな夕焼けでしたか?刻一刻と表情を変える夕焼けは、やっぱりこの季節の象徴だと思うのです。...

赤蜻蛉 ~陰~

...

赤蜻蛉 ~陽~

今日はトンボです。もう種類的には目新しいものはなく、退屈かもしれませんね。しかし、トンボって翅は光を浴びてキラキラ光り、不安定な留り方で、腹をピンっと伸ばしている姿など、絵になる昆虫だなあ。と思うのです。...

ヒメアカタテハ

同じくキバナコスモスに来ていた少し小振りのタテハチョウ。これはヒメアカタテハです。ツマグロヒョウモンもそうだったのですが、タテハチョウの仲間ってかなりのスピードで飛んでいるイメージがあるのですが、吸蜜中は品定めをしながらだからなのか、ふわりふわりと行ったり来たり。...

ツマグロヒョウモンの求愛

花で蜜を吸っている♀にアタックする♂の図。ひらひら周りを飛んでは近づく機会をうかがっています。ちょっと見づらいですが、♀が尾の先端を上げています。これって交尾の姿勢?それとも。。。モンシロチョウなどだと腹を翅の間に隠して交尾拒否をするのですがタテハチョウだとどうなんだろう。...

ツマグロヒョウモン

キバナコスモスの花畑は健在です。昨日はたくさんの蝶たちが乱舞していました。今日ご紹介するのはツマグロヒョウモンです。このチョウのどの辺りがツマグロなのかといいますと・・・ほら。翅の先端が黒っぽくなっているので「爪黒豹紋」ですね。これは♀です。遠目に見ると本当に単純な「黒」なんですが様々な色が入り交じり複雑な模様を作り出しています。夕暮れの空のよう。...

シンクロニシティ

♪おおさかがえりにかったもの♪♪うすくてちいさなあいぽっど♪・・・♪だいすきだったけど~♪♪でかくておもくって~♪・・・♪バイバイマイスィ~ダ~リン♪♪さよなら、してあげるわ~♪...

秋の香り

大阪から帰ってへとへとだったのですが、越谷には大好きな香りが立ちこめていました。毎年楽しみにしているキンモクセイの開花です。この花の甘い香りが大好きで、写真を撮った神社でしばらくほんわかしていました。去年も書いたような気がしないでもないのですが、トイレの匂いではありませんよ。トイレがキンモクセイの匂いなのです(^ ^)...

イカリモンガ

アザミに来ていたこの虫は[イカリモンガ]といいます。漢字で書くと錨紋蛾といったところでしょうか。つまり「ガ」です。以前もガとチョウの区別はあってないようなもの、というお話を書いたかと思いますが、この辺りはその際たる例だと思います。普通に知っている「チョウ」の姿そのものですよね。飛んでいる姿も花の蜜を吸う姿も、留り方も。その日は結構個体数も多く、飛んでいるのを見るたびに「はっ」とさせられる夕焼けのよう...

大文字草

渓流沿いの苔に覆われた岩肌に見つけたのはダイモンジソウです。ユキノシタの仲間で、花の形がこのように「大」の字に見えることから名付けられました。...

ヒメシロコブゾウムシ

薄暗い林床に異様に目立つ白い虫。ヒメシロコブゾウムシです。よくクズやクララといったマメ科の植物で目にするシロコブゾウムシに似ていますが、一回り小さくより白く(野外で見ると真っ白に見えます)背中にまるで汚れてしまったかのように黒い部分があるので見分けられます。じっとしているので写真も撮りやすいと思い「もう少し寄ってみよう」とその瞬間。あ・・・。と、それはともかく(^ ^;;様々な甲虫がこうして危険を感じると...

トビケラ

葉の上にトビケラの仲間がいました。もともとあまり好きな方ではないのですが(夏の夜、自販機におびただしい数が集まっているのを見てから、どちらかというと苦手・・・)こうして一匹だけでいてくれれば大丈夫。幼虫が川の中で石ころを集めて作った巣で暮らすので有名です。あとざざむし。分類的には蝶や蛾に近いということなのでアップにしてみると確かに顔つきは似ているし、少々粉っぽく鱗粉をまとっているようにも見えますので...

湖上の霧

一昨日の群馬県某湖。到着したときにはまだ明るく、結構遠くの釣り人たちも見えたのですが、見る見るうちに湖上に霧が立ちこめ始めどんどんこちらに向かってきます。ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ・・・・あっという間に何も見えなくなりました。その後救急車到着。。。大丈夫だろうか。...

キアゲハ

散歩コースで見られるチョウは、おそらくそれなりの種類数になると思います。この日見ることが出来たのは、[キアゲハ]大雑把に言って、前翅の付け根付近が黒ベタになるのが特徴。かな。見上げるような位置にいたのでちょっと無理な体勢で撮影しました。チャンスがあったら撮り直してみたいところです。それとこの日、同じ場所でツマグロヒョウモンに遭遇。間近で見ると思った以上に大きなチョウでした。...

平坦な日々

珍しい虫を載せているわけでなく、本当にその辺にいる虫たちを何気なく写真に撮って綴っている日記ですが、毎日ご訪問くださっている皆さん、ありがとうございますm(_ _)m今年は天気になかなか恵まれず、やきもきした方も多かったかと思います。もちろん僕もです。それでも、こうして近所に虫がいるだけでもうれしくなってただシャッターを押しているこの頃です。ほんと。毎日同じような写真ばっかりでゴメンナサイm(_ _)m今日のメ...

とんぼのめがねは・・・

「赤色めがね」かなぁ。「そうかい?」ノシメトンボです。...

アカトンボ道外伝

地元越谷で見られるアカトンボといっても調べたところ厳密な意味ではアカトンボではないということですが。。。[ウスバキトンボ]アカネ属に含まれるのが本来のアカトンボなのだそうです。飛んでいる姿を見ても、留っている姿を見ても僕の眼にはアカトンボにしか見えませんでした。ちょっとマニアックな蘊蓄ができました。胸に模様がないことと、ナツアカネなどと比べて二周りほど大きいこと。遠目には全身が黄色く見えること。今回...

本日

PCメンテ中につき更新できません。という内容で更新。...

今日の一枚

キバナコスモスにミツバチ。今日近所で撮影した中で一番気に入った一枚です。脚の花粉団子がもうちょっと大きいともっとかわいいかも。今日は午後から厚い雲でしたが、暑い一日でしたね。知人からオオトラ採集成功の報を受けました。有名ポイントではないところで採集したようです。素晴らしい!!...

Macな話

Appleから発表された新iMac。なかなか魅力的ですねえ。24インチなんてそりゃもうよだれが。。。けどやっぱりもし手に入れられるものならMac Proが欲しいってもんです。Xeon積んだMacなんて考えられなかったもんなあ。速そうだなあ。そして凄い時代になったものだなぁ。始めてみるまでRAW現像でこれだけの負荷があるとは思ってもいませんでした。なのでPhotoshopが満足に動けば十分だったのですが、、、今はかなーりストレスが溜ま...

あかとんぼ道

これはノシメトンボだと思います。アカトンボは難しい。本当に難しい。眼の掃除してる場合じゃないよ。もう(^ ^)...

Sunset

散歩コースにこんな一角があります。キバナコスモスです。...

あかとんぼ

夕焼け小焼けの。というわけではありませんでしたが。アカトンボも含めて、トンボの同定は僕にはかなりハードルが高いです。これはナツアカネ。でしょうか。...

こういうこともある

セミはきれいに写せたのですが・・・イチジクで見つけたキボシカミキリを撮ってみたところ、なんというか、こんな感じの写真になってしまいました。青い紙を背景にしたようなのっぺりした絵。全身よく見えるからこれでもいいか。とも思ったんですが、もう少し立体感がほしいなあ。逆光で空を入れて、内蔵フラッシュ。せっかく野外で撮影したのに、室内風味(T T)ま、そういうこともあるんじゃない?...

さっそくテスト

昨日のデフューザーをさっそく試してきました。今回のお題はセミたちです。アブラゼミです。まだまだ頑張って鳴いています。かなーり薄暗い日陰ではありましたが、、、マクロでシャッタースピード稼げてなおかつ不自然な影が出来ない。とかなーり効果があった模様です。セミの単眼ってすごくキレイですね。...

工作してみた。

今日はユザワヤで買い物してきました。で、今回作ってみたのはこれ↓色が変なのと背景は気になさらずに。ポリプロピレンの薄板(バインダー一冊なまんだぶ~)製です。超々簡単&テキトーデフューザー(^ ^;;しかし。こいつを使うと・・・...

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。