Entries

スポンサーサイト

ごあいさつ

気温も日に日に下がり、虫たちの姿も捉えづらくなってきました。そこへ来てしばらく面倒な仕事が続きそうです。毎日ご来訪いただいていた皆さんに申し訳ありませんが、しばらく休眠させていただきます。あと5ヶ月もすれば春です。その頃に向けていろいろな準備をすることにしましょう。とはいえ、日課となっていた更新をすっぱりやめることも性格上できないと思いますので、不定期でアップすることもあると思います。その折にはよ...

香箱座り

この夏、実家に帰った時に玄関で見たアマガエルです。不思議なことに、僕の実家には毎年必ずアマガエルが1匹だけ住み着きます。夏から秋が深まった頃まで、ずっと同じようなところに。多分門灯に集まる虫が目当てなのだろうと思うのですが、それにしてもなぜ一匹だけ。。。そして、その辺にはヤモリがいないので、我が実家の家守はアマガエルなのです。...

カマキリ

何もない日々。お気に入りのサイトでも、「トンボの数が少なくなった」と、確実に冬に向けて季節が流れている様子が伝えられています。先週末は体調を崩して家から出られず、その変化を感じることが出来なかったのがとても残念。冬に向けて、何をしようかとあれこれ考えるこのごろ、それはそれで結構有意義に過ごせています。...

Lightroom

遅ればせながら、AdobeのLightroomをダウンロードしてみました。RAW画像の現像用ソフトです。今主に使っているのは、SILKYPIXというソフトで、非常にシンプルで的確な操作系なんですが、シンプル故の大雑把さがあり、「もう少し」という極めて自己満足的なところがひと味足りないといいますか。。。何より、ライセンス購入直後にバージョンアップし、さらに有料かつ、ほぼ定価という辺りでちょっと最新版に手を出す気力が低下気味...

雨続き・・・

ここに来て、なかなか強い雨が降っていますね。気温も一気に冷え込み、暖房がちょっと欲しくなるほどです。秋の虫たちすら形を潜めつつあるこのごろですが、そういえば、と思って引っ張りだしてきたアオマツムシです。秋の帰り道、木の上の方から一本調子の「リーーー!リーーー!」という大きな声がしたら、多分間違いなくこの虫です。外来種なのですが、もうすっかり日本の秋の代表選手の風格です。...

本日の来訪者

夕方、玄関から妻の声。ちょっと来てごらんというので行ってみると、壁にハラビロカマキリがいました。ちょっと捕まえて、暗いところにいてもらいました。と、おぉ~。複眼が黒っぽくなっています。黒っぽくなってもやっぱり擬瞳孔はしっかり見えます。昆虫なのに昼夜で眼の色が変わるなんて不思議ですね。風邪はまだ回復せず・・・。のどは大分良くなりましたが、皆さんもお気をつけ下さい。...

風邪を引いてしまいました。喉が痛い・・・。今日の写真は水元公園で見かけた猫。僕は猫アレルギー持ちなので、猫と家の中で遊ぶのは無理ですが、外で見かける分には幸い平気。この日はあちこちに猫がおり、のんびり昼寝をしている姿が見られました。...

10月15日の夕焼け

今回の夕焼けはすごいですよ。ほら(^ ^)本当にピンク色の細切れの雲が西の空にぽわぽわ。そして天の川のようにくっきりとしてる。こんな奇妙な空だから何か起こるのかとも思ったんですが、幸い何も起こりませんでした。考えてみると交通量の非常に多い国道沿いに発生しているような気もしましたが・・・。環八雲モドキ??...

カメラ目線の達人

キバナコスモスの茂みにとけ込んでいたカマキリ。オオカマキリだったと思われます。カマキリっていつでもこちらを見つめているような表情ですね。複眼の中の黒い点が瞳に見えるからだと思います。しかしこれは擬瞳孔と言うもので、その名前から分かるように瞳孔とは異なるものです。カマキリの眼の構造は結構いろいろなサイトで分かりやすく説明されていますので、読んでみるとなかなか面白いかもしれません。そういえば、ちょっと...

もういつものパターンですが

いつものようにアカトンボ。ナツアカネです。ごく近所にも真っ赤な個体がでてきました。やはり鮮烈な赤はどうしても心惹かれてしまいますね。ところで、トンボというのは意外と成虫寿命が長いのかな。そう思ってWikipediaで調べてみますと、数ヶ月の寿命を持っているようです。盛夏に観察したナツアカネたちが今まさに成熟して真っ赤になっているということですね。なんだか虫について、知らないことばかりだなぁ。てっきり数週間...

青空より青い花

今年は撮影見送りだと思っていた花が足下に。ツユクサの青は本当に純粋な青です。光を透過してキラキラ光ります。...

水元公園の日暮れ

闇に包まれるまでのほんの少しの間、金色に輝く西の空。...

葦の天辺

カワセミの美しさとかわいらしさを十分堪能し終わった頃にはもう日も大分傾いてきていました。来た道を引き返しているとき、視界の端に映った葦のシルエットに違和感を覚えました。お、カマキリだ。...

水元公園にて

今日は水元公園に行ってきました。都内にありながら、広大な緑地。野鳥も結構観察できるようです。今日の目的はカワセミを見ること。いろいろなところで情報を探すと、どうやら朝夕が彼らの観察には適しているよう。けれど、現地に到着したのは14時を過ぎたころでした。野鳥観察のための小屋的なものが建ててあり、至れり尽くせり。「さぁ、ご覧ください」といわんばかりのお膳立てにも関わらず、なかなかカワセミはその姿を現しま...

小オーストラリア

ユーカリが植えてあったのは、キャンベルタウン野鳥の森という施設に併設された公園。なんでも越谷市とオーストラリアのキャンベルタウンは姉妹都市なのだそうです。で、野鳥の森というのはネットで囲われた空間内にオーストラリアの鳥たちが放し飼いにされている場所なのです。それほど広大というわけではありませんが、いろいろな環境が再現されており、鳥たちもうっそうとした中を飛び交っています。これはワライカワセミ。この...

強風の下

ちょっと思いついたので撮ってみた写真。なかなか面白い絵になったと思うのですが、ほとんど偶然の産物です。さて、まだ土曜日の話です(^ ^;;...

そして矢継ぎ早ですが

Picasaにチョウやガの仲間の写真をアップしました。ピントが甘いのも中にはありますが、ご笑納くださいませ。...

秋雨の被害者

青い空を見上げていると妻の声がします。「ちょっとちょっと。面白いのがいるよ!」「どれどれ」ケラですね。凄い久しぶりに見たなぁ。コンクリートの上を歩いています。増水した池から逃げるように。見てみるとあっちにもこっちにも、大きいの、小さいのとたくさんいるじゃないですか。...

業務連絡

Picasa Webにアカトンボの写真(暫定版)をアップしました。似たような写真ばかりなのは置いといて、お時間のあるときにでもご覧ください。...

青空

先のエントリにも書いたように、その日はこれまで見たこともないほどの青空でした。見上げていると落ちていってしまうんじゃないかと錯覚するほど深い青。...

秋深まる

いよいよ真っ赤なナツアカネが見られるようになりました。成熟してくると赤みが増してくるのだそうです。まさに真紅。アカトンボと呼ぶにふさわしい色です。秋も深まってきましたね。...

ER-4S

これまで耳掛けタイプのイヤホンを使っていたのですが、眼鏡を掛けているために弦と干渉してしまい、少々使い勝手が悪かったので耳栓タイプのイヤホンを物色していました。そして。これだ!ETYMOTIC RESEARCHというメーカーのER-4Sというもの。いろいろなサイトで調べているうちに興味をかき立てられてしまいました。...

手乗りトンボ

なんだかトンボがたくさん集まっている木がありました。本当はこんなものではなかったのですが、なかなか飛んでいるところを写すのは難しい・・・。と、一緒にいた妻が手を伸ばしています。僕:「何やってるの?」妻:「指に留まると思って。」留るかなぁ。。。妻:「ほら」僕:「すげぇ!ほんとに留った!」じっとしていてぴくりとも動きません。よほど居心地がいいのかな?おっと、また。さしづめ手乗りトンボですね。...

アカトンボの整列

今日の関東平野は恐ろしいほどの風と、今まで見たことのないほどの鮮烈な青空でした。散歩に出かけた公園にあった桜の枝先に・・・みんな同じ方向を向いて留っています。離陸を待つ飛行機たちのようです。そしてこんなところにも。柵の上に並んだアカトンボたち。「おい、おまえ!尾が下がっているぞ!!」って感じ(^ ^)トンボ、かっこいいです。見れば見るほど魅力的。「採集する」興味はあまりありませんが「撮影する」ことに関...

とげとげうずまき

何のための柔らかいトゲなのか・・・。当然威嚇なんだろうけど、ちょっとした矛盾が面白いな。...

空気を巻き込み激しく流れてゆく。...

守神

近所の神社、春には桜がとても奇麗な場所です。その桜の股になった場所にどっしりと佇んでいるキノコ。一年前よりかなり大きくなって、まるでこの神社の守神のようです。・・・神社で守神ってのもおかしな話なんですけどね。ちなみに全くの町中のためか、今のところキノコに寄生するような昆虫にはお目にかかっていません。...

カメムシの仲間

今日は以前行った日光で見たカメムシを。これはおそらくハサミツノカメムシです。そしておそらく♀。カメムシはそれこそ門外漢なので絵合わせまでしかできません。。。カメムシを見ていていつも思うのです、「臭くなければいいのにな。」そして標本にすると多くの種類の奇麗な緑色が褪せてしまうのだそうです。そこでピンと来た・・・「こやつらこそ写真で残す意義がある!」トンボもそうですが、写真でしか残せない色というのが自...

ふわふわしたもの

蝶の写真を撮ったときに傍らに生えていたアキノエノコログサです。遠くから見ると緑一色なんですが、こうして見ると色味もあるんですね。乾燥させたら我が家の文鳥達も食べるのだろうか。。。と思ったりしました。...

変化する夕焼け空

日が沈んでしまうと、空の色がドラマチックに変化します。それまでのオレンジ色から鴇色と紫色の空へ。その頃、ソメイヨシノの枝先では、トンボ達が床に着き始めたようです。...

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。