Entries

スポンサーサイト

ノリウツギの季節がやってきた!

いよいよノリウツギの季節になりました。暑さでこちらが参ってしまいそうな日になりましたが、それでもハナカミキリたちは待ちに待ったこの時期を逃すまいと花に群がっていました。もっとも、構成員の9割はいつもの「2&4&○」でしたが。大好きなフタコブルリハナがたくさん採れたのが嬉しかったなぁ。というわけで、虫の写真はないのです。またチャンスがあれば撮ってみたいけれど、それを忘れてしまう楽しさがあるなぁ。ノリウツギ...

セアカナガクチキ

写真の在庫が貯まりません・・・。ミズナラの部分枯れの上を走り回っていたセアカナガクチキです。普段はそんなに見かけることもないのですが、この日はあちらに一つ、こちらに一つという感じでかなりの個体数が見られました。薄暗い林内では追いかけるのがやっとです。...

採集地の景色

ちょうどこの頃、梅雨が明けていたようですね。久々に見る抜けるような青空が眩しかったのを思い出します。...

えごひげ

ちょっとだけ旬を逃した感がありますが、エゴヒゲナガゾウムシが今年も発生していました。いつもならシチュエーションも選り取り見取なのですが、今年は目に付いたのがちょっと高い位置でうまく撮れませんでした。...

地元確認1種追加

地元でのカミキリ探索、地味に続けています。今回は「きっといる。必ずいる」と思い続けて何年か経ってしまったタケトラカミキリです。何か所か目星をつけていたうちの一か所で、とうとう見つけることが出来ました。...

マツシタトラカミキリ

この週末は木曽御嶽山に3回目のチャレンジ。採れたのはこちらにもいるピドニアと、こちらにもいるハナカミキリなど。しかも、圧倒的に種類数が少ない・・・。天気は最高(暑すぎたかな?)でしたが、残念。そんな中、それまでの道でクリの幹についていたマツシタトラカミキリです。相変わらずと言うか、やはりと言うか。このところカミキリの発生の様子がおかしく、なかなかタイミングが合いません。...

セミの声

先日行った場所で。今でも山や田舎に行くとセミの声が聞こえます。先日の採集の帰り道ではヒグラシの声。翌日、地元探索の時には、耳を疑うツクツクボウシの声。けれど、職場ではセミの声が聞こえません。そういえば、昔は季節の流れを感じさせてくれた花たちも、もう長い間目にしていない気がします。あるものと言えば、人が勝手に植えたサクラくらいのもの。ある意味現代って、都市に隔離されて大切な感覚を殺された状態なのだろ...

イボタサビカミキリ

先日の千葉で採集できたイボタサビカミキリ。テイカカズラがそこここにぶら下がっていたので、怪しそうなツルを力任せに叩いたら落ちてきました。こうして拡大してみると・・・う~ん。毛深い。実は地元でも密かに狙っているのですが、叩きに行ってませんでした。そこにいるとして、まだいるのかなぁ。タケトラ探索のついでに試してみようそうしよう。千葉ではその直後、ヤマビルに襲われて大変でした。山あり谷あり。...

日曜日の地元探索

ホワイトバランスの設定がいじくれることを知って、いじってみたはいいけれどそれを忘れて後の祭り・・・。まぁ、いいの。コンデジは記録用。というわけで、日曜日は天気いまいちだけれど、雨は降っていなかったので少しの時間地元探索に。狙いはタケトラカミキリでした。で。狙いをつけていた場所の枯れ竹にはこんな穴が。多分間違いないと思うんだけど、昼をまたいで観察したけれど、姿を拝むことは出来ませんでした。...

サワフタギのカミキリ2種

トガリバホソコバネの他にカミキリ2種類の写真を。暗いのでブレブレになってしまいました・・・。...

トガリバホソコバネカミキリ

土曜日は久々の晴天のもと、採集に行ってきました。Kuさんの案内でトガリバホソコバネを狙いに。到着早々、タンナサワフタギの立ち枯れに留っていたオスです。...

ブドウハマキチョッキリ

この虫にはかなり思い入れがあります。そして、初遭遇。ハマキチョッキリの仲間を集めていたのですが、最後まで残ったのがこのブドウハマキチョッキリ。今まで知らなかったのが、平地のブドウ科植物に多いということ。山地でヤマブドウを叩いたりしたけれど、これまで縁がありませんでした。今回は揺籃も見つけ、こうして新たな揺籃を作成しているところも見つけられました。植物はエビヅルのようです。他のハマキチョッキリと比べ...

アマミトラカミキリ

アマミトラカミキリ。初採集です。「マテバシイの材さえあれば楽勝!」と聞いていたのですが、どうにもトラカミキリがいそうにもない天気で、現地に着いても少し不安でした。けれど、いきなり目に入ってきた光景に胸が高鳴ったのでした。見にくいけれど、ここに2匹写っています。その後も、今にも降り出しそうな曇り空の下、数多くの姿を見ることが出来たのです。...

ホシベニカミキリ

Sさんが見つけたホシベニカミキリ。別の虫を期待して明後日の方を向いていた僕を呼んで教えてくれました。タブのひこばえに鮮烈な紅色が映えます。...

生きている虫で深度合成してみた

今日は生きている虫で深度合成に挑戦してみました。お題はじごまるさんに頂いたヒメコブスジコガネ。とても小さいので、前玉外し+1.5テレコンです。やっぱり、生きていると多少なりとも動きますね。輪郭がもやっとしているのは少し動いたのも影響しています。レタッチも出来ると思うのですが、とりあえずあまりに不自然な場所以外はそのまま。こうして見ると・・・モンスターだな。活発な虫には全く歯が立たないと思います。...

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。