Entries

スポンサーサイト

点描

先日行った某所にて。ウツギを掬ったら複数網に入ったトゲヒラタハナムグリです。小さな虫ですが、こうして拡大すると表面の模様も精緻な鱗状の毛で成り立っているのですね。肉眼だとよく見えませんが、とても面白い構造です。普段見えているのが、こうした点描を融かして僕たちの脳の中で再度作り上げた模様だという辺り、とても面白く感じます。もっとも、その最たる例はチョウやガの模様にほかならないのでしょうけれど、甲虫に...

環水平アーク

土曜日にさいたま市で見られた環水平アーク。記憶の中の色を再現してみました。なので、少し彩度高めです。いつものように地味で小さな甲虫を探してうろうろしていたのですが、ふと見上げた空に虹のような帯が見えたのです。...

昆虫クローズアップ

近所の虫たち。シロヒゲナガゾウムシ...

山梨で見た虫

山梨への帰省から一週間たち、ちょうど若葉も少し色濃くなり、カミキリたちにもいいシーズンになっているようでした。しかし、良さそうな環境でも虫は少なく、虫採りは難しいものだと改めて感じることに。そんな中、なぜか下草にしがみついていたシロオビゴマフカミキリです。この虫には本当に縁がなく、これで生涯2匹目の遭遇です。...

櫛ヒゲなやつら

今回は山梨県で撮ってきた写真です。以前yamanao999さんが素敵なクシヒゲ写真を撮ってらっしゃったのを見て、「面白いなぁ」と思ったのです。それから、クシヒゲな虫を少し注意してみて見ることに。もっとも、僕は珍しいクシヒゲには縁がないので、ちょっとした山地であれば普通に見られるクシヒゲばかりです。こちらは、ヒゲコメツキ。クシヒゲといえば、なくらい印象的な触角です。...

5/13の地元探索その2

微小甲虫まで考えると、どうも田んぼのあぜ道的環境は見逃せないポイントのようです。先日のケシマグソもそうでしたが、彼らにとっては変化に富んだ環境のようで、色々な虫が見られます。こちらはダイミョウチビヒョウタンゴミムシ(と思います。標本が乾燥したら改めて確認します)。4月の終わりにTさんが気付いた虫で、ひそかにいつか見てみたいと思っていたかっこいいゴミムシです。ただし、小さいw...

5/13の地元探索その1

先週日曜日の地元探索です。そんな時期だなぁ、なんて思いながら散策していると今年もいました。ヒゲブトハナムグリ。今年は発生末期のようで、脚が欠損した個体が非常に多かったです。また、昨年のような大乱舞は見られず、これまた時期が外れてしまったようでした。...

GWのムシまとめ出し

ウズラカメムシちっちゃい虫を覗いてニヤニヤしている間、写真の整理が出来ずにいました。それで、昨夜は標本いじりをせず写真整理に専念。GWに山梨で撮った虫を一気に載せます。カメムシはもともとコミカルな種類が多いですが、中でもこのウズラカメムシはとてもかわいらしいと思います。名前もいいwヨモギの葉上で見られました。...

なかなか写真がいじれません

ここ何日かバタバタしていて、GWの写真整理が進んでいません。。。過去写真から、コミミズク。鳥と虫で同じ和名というのも面白いです。そういえば花と虫でもありますし、貝と虫でもありますね。...

タイショウオオキノコもたくさん

山梨に移動する5月3日は大雨でした。ただ、現地に着く頃には雨も小降りになり、しばらくすると上がった様子。そこで少しの散策をすることにしたのです(その時にクリストフの伐採現場も発見できました)昨年クロホシタマの羽化を観察したポイントに行ってみると、雨の水分で生気を取り戻したカワラタケに似たキノコに、今まで見たことがないほど鮮烈な紅色の模様をまとった大きなキノコムシの姿。...

顕微鏡買いました

最近1mmから2mmの虫を見る機会が多くて、手持ちのルーペでも展足や観察が難しくなってきました。そこで、ニコンのファーブルミニを購入してみました。以前から双眼実体顕微鏡が欲しくて、色々な方のアドバイスをいただきながら物色していたのですが、本格的なものは置くスペースが確保しにくいということもあって、今回の選択になりました。安かったし。収納状態はこんな感じ。まさに手のひらサイズです。使ってみた感想ですが、「...

クリストフコトラカミキリの運動会

実家に帰ると、何はさておきいつもの巡回コースを確認に。色々な虫たちの写真などを撮りながら、ちょっとコースをはずれて歩いてみたらピンとくる伐採地に遭遇しました。...

今年のGW

今年のGWは。といっても恒例の帰省ですが。初日は大荒れの天気でどうしたものかと思ったものですが、その後天気は回復し、さながら夏のような熱気でした。写真は実家の植込みにいたキクスイカミキリ。毎年この姿を見かけると何となくシーズン本番だなぁ、と感じます。...

ミクロなムシたち

地元探索継続中です。ツヤナガヒラタホソカタムシエゴのいい立ち枯れを見つけました。少し浮いた樹皮をはがしてみると、ホソカタムシ。ホソカタムシの誘惑という本と、えいもんさんの採集記に誘惑されましておそらく一番普通のホソカタムシのひとつでしょう。名の通り、固そうでいい虫です。...

V1というカメラ

クロスジヒゲナガカメムシかな。甲虫ではないですが。Nikon1 V1で昆虫写真を撮り始めて、なんだか手ごたえを感じ始めました。採集しながらの撮影(中途半端かなw)を考えた際に、こんなにコンパクトで肩の凝らないセットがあるものだろうか。ツボにはまった時の写真はとても雰囲気がいいです。そんなわけでこのカメムシ写真はお気に入り。...

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。