Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>SASさん

初めまして。コメントありがとうございます。

幸い今のところ、カンタリスチンキのお世話になることもなさそうですが、
「ハタチ過ぎたら~」とかそのあたりにも入っていそうですね。
カミキリモドキ、僕自身はやられたことがないのですが、
そのような経験談を聞くと少し怖くなりますね。
痛みがあると聞いたらなおさらです。
やはり、短絡的に頭に塗りこむ事故を考えると
説明をつけざるを得ないところなのでしょうか。
「ああ、これなら裏の田んぼにいるな!」
なんて、恐ろしいですね(^ ^;
勉強になりました。
これからもよろしくお願いします。

>yamanao999さん

毛生え薬、こやつをダイレクトに擦り込んだら大惨事でしょうね。
昨年は9月末で、側溝に多数の死骸がありましたので
おそらく死ぬのもほぼ同時なんだと推測しています。
オオトラ参りは夏の終わり、最後の挑戦ですもんね。
どうしたってワクワクしてしまいます。
トラフ、そう。トラフ。大人になってからは未採集です。
探さなきゃ。

毛生え薬

初めまして、関西在住のSASと言う者です。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
カンタリジンと毛生え薬についてちょっと書かせて頂きます。
カンタリジンには育毛効果があると言われており、頭髪化粧品等に配合することが認められております。
お手持ちの頭髪剤等でもし成分名に「カンタリスチンキ」と入っていればそれです。
化粧品原料としてのカンタリスチンキはアルコールで抽出されて濃度も薄いかと思いますが、それでも配合量の上限が決められていたかと思います。
私は小学生の時に同じくカンタリジンを含むカミキリモドキでひどい目に遭ったことがあり、学校を休んだ覚えがあります。
元々アレルギー体質でもあるせいか、腕がひどい水ぶくれとなり、焼けるような痛みで眠れませんでした。
もし、毛生え薬的な噂を聞き及んだ人がカンタリジンそのものを頭皮に塗布したりするとおそらく大変なことになる思われるので、海野さんも注意されているのでしょうね。
  • 2009-09-15
  • 投稿者 : SAS
  • URL
  • 編集

毛生え薬w
使った方が身近にいたのでしょうかねw

この虫、自分も見てみたいひとつなのですが、こんな時期であっと言う間にいなくなるパターンなんですね。勉強になります。

オオトラ、いなくてもやっぱりワクワクしますね。
こちらでもモミ林を見つけました。が、全部キレーで痕跡のかけらもありませんw 多分、県内では無理かもしれません。トラフでさえ姿カタチありません。。。
  • 2009-09-15
  • 投稿者 : yamanao999
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1087-ad3f1ec9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

マメハンミョウ

昨日近場を散策した際に、嬉しい虫を見つけました。

昨年この近くで死骸を発見していたので、毎週末それとなくチェックしていたのですが。

出会いは突然に。




田圃のあぜ道を歩いていると、目の前にコハンミョウが現れました。
20090914_mamehan_07.jpg
こちらはすぐに飛び去ってしまったので、まともな写真がありませんが・・・。

他にもいないかな、としばらく探してみます。
すると、目の前に大きな黒い虫が。
20090914_mamehan_01.jpg
おおお。
マメハンミョウだ!
想像では鈍臭い虫だと思っていたのですが、
歩くスピードは結構速い。
あ、あ、あ。と写真を撮るのもままならず、ひとまず採集。

どうも、あぜ道の左側から来ているようで、
ぽつぽつと見つかります。
大豆の害虫だと聞いていたので、マメ科の植物を探しますが
それらしい植物は見当たりません。

けれど・・・。
20090914_mamehan_03.jpg
いた。

20090914_mamehan_04.jpg
ここにも。

20090914_mamehan_05.jpg
上と同じ個体。

ぱっと見渡しただけで、スギナなどの先端に留っている個体がたくさん見られます。
いる時には、いるものだなぁ。

20090914_mamehan_02.jpg
GXでも一枚。

おそらく、ぱっと発生して、あっという間にいなくなるパターンの昆虫なのでしょう。
生態が変っていて(イナゴの卵に寄生)、またその生態故の発生パターンなのだと思います。

マメハンミョウやツチハンミョウなどは、いわゆるハンミョウとは異なり、
体内にカンタリジンという猛毒を持つことで有名です。
彼らの体液が皮膚に付着しただけで火傷の後の水ぶくれのような炎症を起こす人もいるそうです。
また、当然ですが口に入れてはいけません。(そんな人、いないか)

海野和男さんの「小諸日記」では何度かこれらの仲間が紹介されており、
カンタリジンの説明に、その都度「毛生え薬として利用してはいけない」と書かれていて
その念の入れぶりに、思わず笑ってしまいました(^ ^)
皮膚を刺激する効果があるので、もしかしたら効き目があるのかな。




4件のコメント

>SASさん

初めまして。コメントありがとうございます。

幸い今のところ、カンタリスチンキのお世話になることもなさそうですが、
「ハタチ過ぎたら~」とかそのあたりにも入っていそうですね。
カミキリモドキ、僕自身はやられたことがないのですが、
そのような経験談を聞くと少し怖くなりますね。
痛みがあると聞いたらなおさらです。
やはり、短絡的に頭に塗りこむ事故を考えると
説明をつけざるを得ないところなのでしょうか。
「ああ、これなら裏の田んぼにいるな!」
なんて、恐ろしいですね(^ ^;
勉強になりました。
これからもよろしくお願いします。

>yamanao999さん

毛生え薬、こやつをダイレクトに擦り込んだら大惨事でしょうね。
昨年は9月末で、側溝に多数の死骸がありましたので
おそらく死ぬのもほぼ同時なんだと推測しています。
オオトラ参りは夏の終わり、最後の挑戦ですもんね。
どうしたってワクワクしてしまいます。
トラフ、そう。トラフ。大人になってからは未採集です。
探さなきゃ。

毛生え薬

初めまして、関西在住のSASと言う者です。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
カンタリジンと毛生え薬についてちょっと書かせて頂きます。
カンタリジンには育毛効果があると言われており、頭髪化粧品等に配合することが認められております。
お手持ちの頭髪剤等でもし成分名に「カンタリスチンキ」と入っていればそれです。
化粧品原料としてのカンタリスチンキはアルコールで抽出されて濃度も薄いかと思いますが、それでも配合量の上限が決められていたかと思います。
私は小学生の時に同じくカンタリジンを含むカミキリモドキでひどい目に遭ったことがあり、学校を休んだ覚えがあります。
元々アレルギー体質でもあるせいか、腕がひどい水ぶくれとなり、焼けるような痛みで眠れませんでした。
もし、毛生え薬的な噂を聞き及んだ人がカンタリジンそのものを頭皮に塗布したりするとおそらく大変なことになる思われるので、海野さんも注意されているのでしょうね。
  • 2009-09-15
  • 投稿者 : SAS
  • URL
  • 編集

毛生え薬w
使った方が身近にいたのでしょうかねw

この虫、自分も見てみたいひとつなのですが、こんな時期であっと言う間にいなくなるパターンなんですね。勉強になります。

オオトラ、いなくてもやっぱりワクワクしますね。
こちらでもモミ林を見つけました。が、全部キレーで痕跡のかけらもありませんw 多分、県内では無理かもしれません。トラフでさえ姿カタチありません。。。
  • 2009-09-15
  • 投稿者 : yamanao999
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1087-ad3f1ec9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。