Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>mahalitoさん

ショップは反則w
猛禽類だと10m圏内に入れただけでも儲け物ですね。
だいたい、50mで逃げられることが多い気がします。
それも、でかい奴に限って・・・。
三脚、今日グレードアップしました。ふふふ。
これまで使ってた奴は細いせいで剛性不足だったのですが、
今度は一生使えるな。
飛びもの狙いだと、AF速度は成否を分けますね。
遠距離でマニュアル出来る人なら無関係だと思いますが・・・。
ある意味、金にものを言わせるというのが通りやすい世界かも。
こちらは地味にやりますw
あ、そうですね。
リンクありがとうございます。
こちらでついでになってしまい申し訳ありませんが、
こちらからもリンクさせて下さい。
後ほど改めてご挨拶に伺います。
  • 2009-09-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>eichanさん

そうですね、そろそろ鳥モードです。
以前薄暮れ時にこちらに向かって襲いかかって(?)来たことがありましたが、
目がまんまるでかわいかったです。
うん。いいものですね。
  • 2009-09-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

私も至近距離、それも1mぐらいの距離から見たことがあります。まぁ、某ショップで飼っていた個体ですが(ぉぃ
それでも、野生の個体も5~10m位の距離で見たことがあります。30分位ホバリングしてる個体も見たことがあります(W
でも、画像は撮れてなかったり・・・。

いつも見ても鳥画像綺麗ですよね~。やっぱ三脚と例の自作雲台とNikonのAFの成せる技なんでしょうか・・・。

あぁ、遅ればせながらLink張らせて頂きました。よろしこ。

おっ鳥モードに入りましたね

チョウゲンボウは、一度至近距離で見たことがありますが、かっこ良いのに、かわいいのがいいんだよね。
ツバメにちょっかい出されるあたりが、いかにもチョウゲンボウですね。でも、猛禽のプライドで意に介さず。
「いいもの」、ご相伴に預かりました。
  • 2009-09-23
  • 投稿者 : eichan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1094-305cc774
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

チョウゲンボウに間近で遭遇


連休初日の土曜日。
鳥を見るつもりで望遠レンズを担いで歩いていたのですが
なかなか面白い鳥に出会えませんでした。

妻が「こっちに行ってみよう」というので、着いていくことに。
ほどなくして、前方からカラスに猛禽類が追われて向かってくるのに気付きました。
羽の先が尖っているのでハヤブサの仲間。
小さいのでチョウゲンボウだ!
僕たちの頭上をぐるぐる回って、その時は西側の森の向こうに消えました。
これで運を使い果たしたかと思ったのですが、

もう少し進んだところで妻が「でっかいモズみたいだ!」と表現したチョウゲンボウが
畑に突入したところを見つけました。
20090921_chogen_09.jpg
突然のことでカメラの設定がめちゃくちゃだったのが悔やまれます。
目でその姿を追うと、すぐ近くの電線に留りました。
畑を狩り場にしているチョウゲンボウにとっては、人間は恐怖の対象ではないのでしょうか。
20090921_chogen_01.jpg
すぐ近くにいても逃げる様子はありません。
地面をじっと見つめて、イナゴでも探しているのかなぁ。

こんな間近で猛禽を見るのは初めてだったので、
興奮しながらもじっくり堪能させてもらいました。

と、そこにハシブトガラスが突入!

かわすチョウゲンボウ。
・・・の先にいたカワラヒワが
自分が狙われていると思ってか必死の形相でパニックに。
マウスカーソルを乗せると役者の名前が出ますw

20090921_chogen_04.jpg
こっちを見ている・・・。

それでもチョウゲンボウは逃げることなく、近くの電線に留って
別の田圃を見ていました。
飛び込むところが再び見られるかと期待したのですが、
残念なことにそれは叶いませんでした。

で、チョウゲンボウと言えばホバリング。
20090921_chogen_06.jpg
田圃一区画ごとに移動してはホバリングして食べ物探しをしていました。

そんなチョウゲンボウにまとわりつく影・・・。
20090921_chogen_07.jpg
この写真では一羽のみですが、
ツバメの群れがチョウゲンボウに付いていってはちょっかいを出していました。
飛翔速度でチョウゲンボウには襲われないと分かっているのでしょうか。
カラスがあまり追い回さない分、ツバメが代わりをしているのですね。
当のチョウゲンボウはまったく意にも介していない様子ですが。

曇りだったのが残念です。本当なら、こんな青空だったのかも。
20090921_chogen_08.jpg
まぁ、贅沢を言っては罰が当たる。
いいもの見せていただきました~(^ ^)

4件のコメント

>mahalitoさん

ショップは反則w
猛禽類だと10m圏内に入れただけでも儲け物ですね。
だいたい、50mで逃げられることが多い気がします。
それも、でかい奴に限って・・・。
三脚、今日グレードアップしました。ふふふ。
これまで使ってた奴は細いせいで剛性不足だったのですが、
今度は一生使えるな。
飛びもの狙いだと、AF速度は成否を分けますね。
遠距離でマニュアル出来る人なら無関係だと思いますが・・・。
ある意味、金にものを言わせるというのが通りやすい世界かも。
こちらは地味にやりますw
あ、そうですね。
リンクありがとうございます。
こちらでついでになってしまい申し訳ありませんが、
こちらからもリンクさせて下さい。
後ほど改めてご挨拶に伺います。
  • 2009-09-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>eichanさん

そうですね、そろそろ鳥モードです。
以前薄暮れ時にこちらに向かって襲いかかって(?)来たことがありましたが、
目がまんまるでかわいかったです。
うん。いいものですね。
  • 2009-09-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

私も至近距離、それも1mぐらいの距離から見たことがあります。まぁ、某ショップで飼っていた個体ですが(ぉぃ
それでも、野生の個体も5~10m位の距離で見たことがあります。30分位ホバリングしてる個体も見たことがあります(W
でも、画像は撮れてなかったり・・・。

いつも見ても鳥画像綺麗ですよね~。やっぱ三脚と例の自作雲台とNikonのAFの成せる技なんでしょうか・・・。

あぁ、遅ればせながらLink張らせて頂きました。よろしこ。

おっ鳥モードに入りましたね

チョウゲンボウは、一度至近距離で見たことがありますが、かっこ良いのに、かわいいのがいいんだよね。
ツバメにちょっかい出されるあたりが、いかにもチョウゲンボウですね。でも、猛禽のプライドで意に介さず。
「いいもの」、ご相伴に預かりました。
  • 2009-09-23
  • 投稿者 : eichan
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1094-305cc774
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。