Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>mahalitoさん

石垣、とても良かったですよ。
自然と人間の境界がゆるく、しかししっかりとつながっている感じがしました。
いつものような一日一種的な記事ではありませんが、
一通り書いてみますので、ご笑覧くださいませ
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>ryoさん

その気持ちは僕も全く一緒ですよ(^ ^)
一通り声を上げてみました。
初採集は嬉しいものですね。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

裏山C~!(W

石垣ですか、未だ行った事もありませぬ。本島のほうには一度行きましたが、梅雨真っ盛りでな~んも良い思い出もありませぬ(W

南国のカミキリは全然勉強不足ですが、虫もそのほかの生き物も非常に魅力的ですね。連載楽しみです!
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : mahalito
  • URL
  • 編集

ああ~~~!!

ムネモンウスアオ、採れなくて残念でしたね。

だけど僕からしたら、ヤエヤマホソバネや
オオヒゲブトハナムグリ、イワサキキンスジや
ヤエヤマミツギリゾウムシとかを見ただけで
興奮しまくって「ああ~~~!!」とかの
奇声を発しそうです。(笑)
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : ryo
  • URL
  • 編集

>タイヤキさん

ようこそ。コメントありがとうございます。
南西諸島での採集は長年の夢だったので、
ようやく叶ったな、という気分です。
タイヤキさんも将来、行けるといいですね。

これから・・・うーん。何が出るかなぁ。。
ある日突然観光モードとかもあったので、
気楽に見ていてください。
これからもよろしくお願いします。
そちらのブログにもお邪魔させていただきますね。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

はじめまして、タイヤキという者です。
今高校生で、カミキリを中心に採集しています。
KOH16さんのブログは写真が綺麗でとても分かりやすく、いつも楽しく読ませてもらっております。

石垣島、うらやましいです。本島には1度だけ行ったことがあるのですが、まだカミキリのことがよく分かっておらず、オオシマゴマダラ1頭しか採れませんでしたorz
ビーティングを知ってればもう少し採れたのに…。
これからどんな虫が出てくるのか楽しみです。

厚かましいですが、僕も「タイヤキの虫ブログ」というブログをやっているので、良かったら見に来てください。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : タイヤキ
  • URL
  • 編集

>T.Urabeさん

ありがとうございます。
もう、あの熱気と深い緑の只中にいるだけでアドレナリンが・・・。
採っている最中は思わなかったんですが、やはり虫は濃いのでしょう。
見る虫全てが初めてというのはまさに夢の中にいるような気分でした。
実は新婚旅行も行っていなかったので、実質今回がそれになったのかな。
妻も喜んでいたので良かったです。

次回は今夜!!がんばってアップします。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

 面白いです。次回がものすごく楽しみです。
 オオミドリサルハムシ
 クロカタゾウムシ
 オキナワルリチラシ
 ヤエヤママルヤスデ
 オオヒゲブトハナムグリ
 これらは私の憧れの虫たちです。最近採集は全然しない私ですが、これらの虫たちを目の前にしたら、アドレナリン爆発です。それをたった一日で見られてしまうとは、なんとも羨ましい。
 10年間頑張ったら長期休暇なんていい会社ですね。奥さんも楽しんでおられたようで、いい休日でしたね。
 丁寧な記事でありがたいです。楽しんで読んでいます。さあ、次回はどんな虫が出てくるのか。ワクワクします。
 
 

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1225-20655acc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

二日目 力の限り網を振れ!


石垣滞在二日目。実質採集初日です。
天気は曇り。時々明るくなりますが、一日中青空は見えませんでした。
また風が強く、少々思いやられるのですが・・・。
この日は於茂登岳に向かいました。狙いはムネモンウスアオカミキリ。
とても美しいカミキリです。



と、その前に。
妻も見たいと言っているカンムリワシを探しつつ行くことに。
8時に出発し、林道をゆっくり通りながら目的地まで行く作戦です。

林道入り口にて。
ムネモンウスアオが宿るヤンバルアワブキもチェックしながら少し歩いてみます。
いつも関東の山地周辺で採集をしているため、常緑樹ばかりの森はかなり勝手が違います。
お手製の(少しガッカリなw)図鑑を参考に、植物を観察。

これはそうじゃないかな、と思う木と、辺りにあったアカメガシワを掬ってみると・・・
20100329_omoto_08.jpg
わお!ヤエヤマホソバネカミキリが一発で入りました。
このカミキリを期待してアカメガシワも掬ったのですが、ツボにはまって大興奮。
幸先がいいなぁ。

車を停めた傍らでも好きな虫に釘付け。
20100329_omoto_09.jpg

20100329_omoto_10.jpg
オオミドリサルハムシです。
う~ん。南国だ!

この後、今回とても採りたかったクロカタゾウムシがアカメガシワの葉にしがみついているのも採集。
もう少しいるものだと思ったので、この時に写真を撮らなかったのが少し後悔です・・・。

残念ながら、林道でカンムリワシには出会えず。
於茂登岳に向かいます。

準備もそこそこに、山歩きスタイルに切り替えて歩き始めます。
ムネモンウスアオは高所にいると聞いていたので、今回は10mの竿に70cmの枠を準備して臨みました。
重量は3kgに迫る勢い。。。まぁ、何とかなるさ。

20100329_omoto_11.jpg
入り口のヤンバルアワブキを掬ってみると、何とも美しいガが入りました。
オキナワルリチラシと言うらしい。そして八重山の亜種らしい・・・。
結構大きいガです。
ガは標本にする術もないので、この写真で記録&記憶。

20100329_omoto_01.jpg
[ヤンバルアワブキ。ちょっとサイケデリックな色になってしまいましたね。]

ヤンバルアワブキ自体はそれなりに数があり、また、大きな株も同じくそれなりにあります。
つまり、片っ端から掬ってみるしかない!
重い竿を伸ばしたり縮めたり。揺すってみたりであっという間にバテ始めます。
けれども、狙いの虫を網に入れるまではと決死のスィーピング(大げさ)
手の平の皮も一部浮いてきました・・・。

ヤンバルアワブキの葉脈に沿ってカミキリが齧った痕がある木を見つけ、一番新しい食痕がある横枝を掬ってみます。
やっと網に入ったカミキリは、イワサキキンスジカミキリでした。
20100329_omoto_05.jpg
[イワサキキンスジカミキリ.この写真は別のタイミングで目の前にいたものを撮影]

普通種と言われますが、嬉しい初採集。かわいらしく、美しいカミキリです。

登山を続けながら同じように掬っていくのですが、キハダやスダジイ、ハゼといった木についつい目を奪われます。
葉の付き方が似ていて、まだこの時は目が慣れていなかったのです。
そのため、おそらくかなり無駄なスィーピングを繰り返していたことと思います。
一方で、こういうがむしゃらなスィーピングも初めの頃はよくやったなぁ、と思い出して
少しモチベーションが高まったのも事実。

少し進んで空が開けた辺りで白い猛禽が飛ぶ姿が見えました。
翼には特徴的な模様。カンムリワシだ!あいにく、重い望遠レンズは車の中。
慌てて妻を呼びますが、妻はかなり前方まで行っており、
到着したころにはカンムリワシも山の向こうへと消えていたのです・・・。
う~ん。残念。

進みます。

最初の写真、オキナワウラジロガシの巨木を過ぎた辺りで不気味な生物に遭遇。
20100329_omoto_13.jpg
ヤエヤママルヤスデです。
手に取ってみたのですが、何ともプラスチック的な感触。
そして、大きい!ヤスデとしては日本最大とか。
結構あちこちに見られ、例外なく木にへばりついています。
小さなウロの中にひしめき合っているのにはゾワゾワさせられました。

歩いている道の傍らに新しめの立ち枯れがありました。
こういうのに来るんだっけ。と、覗き込んだらビンゴ!!
20100329_omoto_17.jpg
ヤエヤマミツギリゾウムシです。
厳つくて、美しくて、とてもいい虫です。
今回狙いの一つだったのでとても嬉しい!
この後、別の部分枯れでも複数の個体を見つけることができました。

複数のヤエヤマミツギリゾウを見つけた木は、一部から樹液を出しており、
サキシマヒラタクワガタとクシヒゲコメツキ(オオクロヒゲコメツキかな)を発見。
コメツキの方を落としてしまったのが痛恨です。保育社図鑑だと八重山の特産種だった模様。

こういう合間にも、アワブキ掬いは継続中。
肩も腰も悲鳴を上げていますが、そんなことは言っていられません。。。

20100329_omoto_12.jpg
[クリックすると拡大します]
山の中は素敵な密林。巨大なシダ植物に囲まれ、すごい場所に今いるのだと実感します。

もう何本目か分からないヤンバルアワブキの大木と格闘していると、飄然とした方とお会いしました。
Nさんというその方も狙いは同じで、採れないとのこと。
この後、西表から転戦してきたと言うNさんとは何度も行動を供にすることになりました。

妻が見つけたのは森の中で初めて遭う爬虫類。
20100329_omoto_02.jpg
サキシマキノボリトカゲでした。
最初は沖縄本島でよく見るキノボリトカゲだと思っていたのですが、
別なんですね。予習不足でした。

爬虫類好きな妻はこれに猛反応。
「しっぽ掴んでも切れないよ」と教えてあげると
猛然と掴み掛かりました(ちょっと誇張ですかw)
20100329_omoto_14.jpg
記念撮影~。

Nさんが先に行ってくれとのことで、一旦お別れ。

そんなに高い山ではないと甘く見ていたのですが、
急登に入ると、息が上がります。
20100329_omoto_04.jpg
一休みの時に目に付いたオキナワクワゾウムシ。

20100329_omoto_15.jpg
ようやく少し視界が開けて頂上がもうすぐか、と思われる場所で
地元の方に会い、後どれくらいかと訪ねてみると「15分」とのこと。
まだ結構あるのかな。

そのうちにリュウキュウチクに両側が覆われるようになり、視界が完全に塞がります。
「こういうところでサビアヤが採れるのか」と思いながらも、
もはや気力が残っていません。山頂付近に生息するというオモトウスアヤにもチャレンジする元気がありません。

なぜなら、下りでもア ワ ブ キ を 掬 う た め orz

体力を温存するためと、妻が「先が見えなくて腹が立ってきた!」というので、最後の急登と思われる辺りで
引き返すことに。今にして思えばもったいないのですが、この時点では多分最良の選択。

下りは下りで別のものが見えてくるもの。
野生ランを見つけました。
20100329_omoto_03.jpg
カゴメラン。シュスランの仲間だったはず。
昔見た図鑑に出ていたのを思い出して撮ってきました。
南西諸島の植物だというのは帰還後知りましたが。

それと
20100329_omoto_16.jpg
ユウコクラン。
花が付いていると分かりやすいですね。

と、畢竟足下を見ながらの探索が増えるわけですが、
ラッキーなことに
20100329_omoto_06.jpg
オオヒゲブトハナムグリのメスを拾いました。

そこで上空を見上げると、ハチのように飛び回るたくさんの甲虫。
「ああ、あれがオオヒゲブトだったのか」初めて認識。
このメスは毒ビンに入れず、生かして持ち帰ることに。

下ったところで先ほどのNさんと、同じく西表から転戦してきたTさんとお会いしました。
「採れないですねぇ」「どんなところにいるんでしょうかねぇ」
なんて、談笑。

ムネモンウスアオ?採れませんでした・・・。

飲み物も切れ、疲労の極地。車に戻り飲み物を補充。
近くでムネモンウスアオが採れているという場所にTさんが案内してくださるというので
図々しくもお言葉に甘えることに。

ポイントに着くと、想像と少し違うシチュエーション。
けれど、彼らの仲間が好みそうな横枝がたくさんあるヤンバルアワブキがありました。

そしてなんと。Tさんは本当にムネモンウスアオをゲット!
初めて見る生きたムネモンは輝いていました。う~ん。僕も採りたい!!
で、その後は飛来せず。

宿が近いTさんを車で送ることにし、Nさんとは別れました。
Tさんが「もう一カ所寄ってみましょうか」というポイントへ行ってみると、
朝通ってきた場所でした。節穴だなぁ。まぁ、ヤンバルアワブキ自体分かっていなかったから仕方ないか。
ここも雰囲気はとても良かったのですが、採集できず。

もう真っ暗になろうかという中、コガネムシが盛んに飛翔していたので採集すると、
Tさんが「ケブカアカチャコガネですよ、これ」と教えてくれました。
八重山特産のコガネムシだそう。
もう少しだけ採ってくれば良かったかな・・・。

と。
メインターゲットにはたどり着けませんでしたが、とても充実した採集になりました。
翌日は屋良部岳方面に行ってみましょう。

Tさんをお送りし、少し高いチャンプルーを食べて帰路。
家庭料理を店で食べるのは、必然的に観光客。
だから高いんだろうな。トンカツとか、そういうメニューは安くて大盛りのようでした。

そして、夜の部。
昨日のフクロウの撮影に絞ってチャレンジです。
ポイントに着くと、すぐにその姿を確認。
2羽いる様子。飛んでもすぐにお気に入りの場所に戻ってきます。
その辺りを狙って、準備を整え撮影します。
遠くてストロボは使えませんし、そんなことはあまりしたくないので
長時間露光で勝負。動かないでくれよ~。

20100329_omoto_07.jpg

ん。よし。撮れた。

リュウキュウアオバズクみたいですね。
フクロウの仲間を撮影できたのは初めてだったので
とても嬉しいです。南西諸島限定なればなおさら。
ということで、最高の締めくくりになりました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++
1日分をまとめて記事にすると長いですね。
フィールド記録ということで、しばらくこんな感じで続くと思います。

コメント返しは明日ゆっくりさせていただきます。おやすみなさい

8件のコメント

>mahalitoさん

石垣、とても良かったですよ。
自然と人間の境界がゆるく、しかししっかりとつながっている感じがしました。
いつものような一日一種的な記事ではありませんが、
一通り書いてみますので、ご笑覧くださいませ
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>ryoさん

その気持ちは僕も全く一緒ですよ(^ ^)
一通り声を上げてみました。
初採集は嬉しいものですね。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

裏山C~!(W

石垣ですか、未だ行った事もありませぬ。本島のほうには一度行きましたが、梅雨真っ盛りでな~んも良い思い出もありませぬ(W

南国のカミキリは全然勉強不足ですが、虫もそのほかの生き物も非常に魅力的ですね。連載楽しみです!
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : mahalito
  • URL
  • 編集

ああ~~~!!

ムネモンウスアオ、採れなくて残念でしたね。

だけど僕からしたら、ヤエヤマホソバネや
オオヒゲブトハナムグリ、イワサキキンスジや
ヤエヤマミツギリゾウムシとかを見ただけで
興奮しまくって「ああ~~~!!」とかの
奇声を発しそうです。(笑)
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : ryo
  • URL
  • 編集

>タイヤキさん

ようこそ。コメントありがとうございます。
南西諸島での採集は長年の夢だったので、
ようやく叶ったな、という気分です。
タイヤキさんも将来、行けるといいですね。

これから・・・うーん。何が出るかなぁ。。
ある日突然観光モードとかもあったので、
気楽に見ていてください。
これからもよろしくお願いします。
そちらのブログにもお邪魔させていただきますね。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

はじめまして、タイヤキという者です。
今高校生で、カミキリを中心に採集しています。
KOH16さんのブログは写真が綺麗でとても分かりやすく、いつも楽しく読ませてもらっております。

石垣島、うらやましいです。本島には1度だけ行ったことがあるのですが、まだカミキリのことがよく分かっておらず、オオシマゴマダラ1頭しか採れませんでしたorz
ビーティングを知ってればもう少し採れたのに…。
これからどんな虫が出てくるのか楽しみです。

厚かましいですが、僕も「タイヤキの虫ブログ」というブログをやっているので、良かったら見に来てください。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : タイヤキ
  • URL
  • 編集

>T.Urabeさん

ありがとうございます。
もう、あの熱気と深い緑の只中にいるだけでアドレナリンが・・・。
採っている最中は思わなかったんですが、やはり虫は濃いのでしょう。
見る虫全てが初めてというのはまさに夢の中にいるような気分でした。
実は新婚旅行も行っていなかったので、実質今回がそれになったのかな。
妻も喜んでいたので良かったです。

次回は今夜!!がんばってアップします。
  • 2010-03-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

 面白いです。次回がものすごく楽しみです。
 オオミドリサルハムシ
 クロカタゾウムシ
 オキナワルリチラシ
 ヤエヤママルヤスデ
 オオヒゲブトハナムグリ
 これらは私の憧れの虫たちです。最近採集は全然しない私ですが、これらの虫たちを目の前にしたら、アドレナリン爆発です。それをたった一日で見られてしまうとは、なんとも羨ましい。
 10年間頑張ったら長期休暇なんていい会社ですね。奥さんも楽しんでおられたようで、いい休日でしたね。
 丁寧な記事でありがたいです。楽しんで読んでいます。さあ、次回はどんな虫が出てくるのか。ワクワクします。
 
 

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1225-20655acc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。