Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>takao_bwさん

こちらではこれまでのところ、個体数はかなり見られたものの
枯らしてから食べているところは観察できていません。
ほとんどが樹液で、枯れ葉で1匹。生葉も1匹です。
ニワトコの大株が何本かあるのですが、枝先が折れて枯れているのをよく目にします。
かなり気になるのですが、どうもチャイロヒゲではなさそうです。
うーん。謎だ。やっぱり気になります。

ニワトコでの後食は?

こんばんは
ニワトコでの後食を知らないのですが、やはり枯らして食うのでしょうか?ユズリハでは後食する前に枯らして(葉にいても保護色になるから後食のために枯らすのか、産卵行動が結果的に枯らすのかは判りませんが、)巨大なカノコサビみたいなことしますよね。
ニワトコでも同じような後食行動をするんでしょうか?


>eichanさん

おっしゃるように、木が枯れるまで食い続けるようなので、
いずれ消滅する可能性は高いですね。
そこからさらに何かに移るのが観察できれば、それこそ食性の変移を目の当たりにできるのですが・・・
こちらのポイントは完全に孤立したような場所ですから、
行く末は目に見えます。
  • 2010-06-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>isseiさん

それもあるかもしれません・・・あるの!?
当地では植栽によって拡散しています。
その条件であれば東京でも同じことだと思いますが・・・
  • 2010-06-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

別種かもね。

なるほど、枯葉を齧ったり、樹液に集まったり、後食幅が広いのですね。
例の公園では、樹液は大量のコクワガタに占拠されているのと、おそらく本来の好みと思われる衰弱枝がたくさんあるので、衰弱枝に集まっていました。
こちらのポイントでも、木は大きいですが、元は植樹に違いなく、4本の大木の1本が完全に枯れるまで穴だらけになっており、この1本が発生源と思われます。
公園の植樹での大発生は、ホシベニとイメージが重なりますね。
  • 2010-06-23
  • 投稿者 : eichan
  • URL
  • 編集

ユズリハを食べたらこちらのほうが美味しかったということで決着つくのかな(笑)しかし首都圏各地で発見されてますが東京はいないのか、探したりないのか、何とかしたいです。
  • 2010-06-22
  • 投稿者 : issei
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1287-e525bdbb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ビロウドつながりで


先日初確認したユズリハのポイントですが、
幸い梅雨の最中にも関わらず好天が続いていたので
連日帰宅後チェックに行っています。
今日の写真は昨夜確認に行った時のもの。
一枚目はユズリハの枯れ葉を食べているところです。


20100622_chairohige_01.jpg
昨夜は蒸し暑く、車の外気温計は夜間にもかかわらず28℃を示していました。
きっとまとめて発生しているのだろうという予感はしましたが、
予想以上の個体数が小規模な植込みで観察できました。

こちらは樹液に来ているオスです。

20100622_chairohige_02.jpg
同じく樹液にて。

さて、このビロウドカミキリ。
チャイロヒゲビロウドカミキリだとは思うのですが、
何となく引っかかるものを感じます。
少なくともこのポイントは自然分布ではありません。
幼虫入りのユズリハが植栽された際に広まったもののようです。
数十本あるユズリハのうち、たった一本が派手に食害され、
その他の株は今年が初の大発生のように見受けられます。
もともとニワトコのチャイロヒゲビロウドが記録されている辺りなのですが、
ニワトコでの発見は今だに出来ていません。

食草転換という言葉がありますが、ニワトコからユズリハへの転換なんて、
そうそう起こるものなのだろうか。
図鑑にある蛹の写真を見ると、ニワトコの中空になっている枝の中で蛹室を作っているのに
こんなに堅い幹の中に蛹室を作れるのだろうか。そもそも生態が異なっていないだろうか。
ユズリハとニワトコが一緒にあっても、ユズリハだけを食っているのはなぜだろう。
などと、幾つも疑問が湧いてきます。

そんな訳で、本来言われているチャイロヒゲビロウドカミキリと全く同じものなのか、
違和感を感じている次第です。

6件のコメント

>takao_bwさん

こちらではこれまでのところ、個体数はかなり見られたものの
枯らしてから食べているところは観察できていません。
ほとんどが樹液で、枯れ葉で1匹。生葉も1匹です。
ニワトコの大株が何本かあるのですが、枝先が折れて枯れているのをよく目にします。
かなり気になるのですが、どうもチャイロヒゲではなさそうです。
うーん。謎だ。やっぱり気になります。

ニワトコでの後食は?

こんばんは
ニワトコでの後食を知らないのですが、やはり枯らして食うのでしょうか?ユズリハでは後食する前に枯らして(葉にいても保護色になるから後食のために枯らすのか、産卵行動が結果的に枯らすのかは判りませんが、)巨大なカノコサビみたいなことしますよね。
ニワトコでも同じような後食行動をするんでしょうか?


>eichanさん

おっしゃるように、木が枯れるまで食い続けるようなので、
いずれ消滅する可能性は高いですね。
そこからさらに何かに移るのが観察できれば、それこそ食性の変移を目の当たりにできるのですが・・・
こちらのポイントは完全に孤立したような場所ですから、
行く末は目に見えます。
  • 2010-06-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>isseiさん

それもあるかもしれません・・・あるの!?
当地では植栽によって拡散しています。
その条件であれば東京でも同じことだと思いますが・・・
  • 2010-06-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

別種かもね。

なるほど、枯葉を齧ったり、樹液に集まったり、後食幅が広いのですね。
例の公園では、樹液は大量のコクワガタに占拠されているのと、おそらく本来の好みと思われる衰弱枝がたくさんあるので、衰弱枝に集まっていました。
こちらのポイントでも、木は大きいですが、元は植樹に違いなく、4本の大木の1本が完全に枯れるまで穴だらけになっており、この1本が発生源と思われます。
公園の植樹での大発生は、ホシベニとイメージが重なりますね。
  • 2010-06-23
  • 投稿者 : eichan
  • URL
  • 編集

ユズリハを食べたらこちらのほうが美味しかったということで決着つくのかな(笑)しかし首都圏各地で発見されてますが東京はいないのか、探したりないのか、何とかしたいです。
  • 2010-06-22
  • 投稿者 : issei
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1287-e525bdbb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。