Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>ryoさん

まだまだ毎年チャンスはあります。
また来年楽しみましょう。

とってもうらやましいです。

今年は全然花を楽しめなかったので、
来年こそは楽しみたいです。
  • 2010-08-13
  • 投稿者 : ryo
  • URL
  • 編集

>タイヤキさん

カッコいいカミキリですよね。
ありがたいことにkusamaiは毎年ちょっとずつ採れています。
そう、普段いる場所が分からないので狙って採れないみたいです。
オオクロのオス。でもまた、そこがいいんですよね。

パキタがこんなに採れるなんて・・・。しかもクサマイが2つw
パキタのカッコ良さは格別ですね。

オオクロのオスは灯火とヒメオオを探していたときに採りました。
ヤナギの木にくっついていましたが、普段はどこにいるんでしょうかね?
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : タイヤキ
  • URL
  • 編集

>isseiさん

僕も同じように思います。
厚みがあって重厚に見えますね。
オスにはなかなか縁がありませんでした。
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>みゅんさん

そうですね。そちらのは何でいるのか不思議なほどですもんね。
どくとるマンボウのも、扱い的にはちょい役ですが
「どんなにいい虫なんだろう」と想像させられますもんね。
いやはや。パキタは特に現物の存在感が素晴らしいものです。
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

いいなあ

オオクロは写真で見るとサビやオオマルクビヒラタみたいですけど実際は抜群にかっこいいですよね。私も♂にまた会いたいです。
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : issei
  • URL
  • 編集

くー パキタいいなぁ
武骨な形が何とも言いがたい..

どくとるマンボウ昆虫記で読んで以来(というと歳が...)
憧れの虫です

こっちのは激珍ですもんね
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : みゅん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1318-2a30aec0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

生態写真が撮れなかったので・・・

先日もエントリーしましたが、生態写真が撮れなかった虫たちです。
もちろん、この時期の花に群がる「248◯+赤」の各種ハナカミキリ(暗号みたい)はたくさん見られました。

そんな中。

この時期はなんといってもパキタ。
今回はkusamaiと呼ばれる鞘翅が褐色になるタイプがペアで得られました。
初めにメスの方を採集し、「これは大きい!」と喜んだのですが
帰宅して確認したら過去に採集していたkusamaiのメスと同じサイズ(23mmちょっと)でした。
この写真でも分かるように脚が長い種なので、生きている時は実際以上に大きく見えるようです。


20100811_pachyta_01.jpg
真ん中当たりの葉裏に登ってきたメスに、通常タイプのオスが駆け寄ってきたところをネットインしました。
このあと、ブンブン飛来することを期待したのですが・・・。

そして、これまた帰宅後気付いてじわじわ嬉しかったのが・・・
20100811_pachyta_03.jpg
極小サイズのペア。
この模様が通常のタイプになります。
採集した時はあまりの小ささに両方オスかと思ったのですが、
よく見たら右側がメス。
実はこれまでkusamai、tamanukiiというタイプのメスは採ったことがあるのですが、
通常タイプのメスは初採集なのです。
贅沢と言われることなのかもしれませんが、密かに悲願でした(^ ^)
一枚目の写真と同比率ですので、そのサイズがどれくらいのものかイメージできると思います。

そして帰り道。
モミの良さそうな立ち枯れを見つけてじっくり見ていた時に、
根元付近に見つけたオオクロカミキリ。
20100811_pachyta_05.jpg
(暗くてブレブレだったので小さな写真で・・・)
こうして産卵中のメスは、あちらこちらでぽつぽつ見つけています。

けれど今回は少し違う!

20100811_pachyta_02.jpg
左端にいるのがオオクロカミキリのオス。

とある森の中で止めていた車に、いつの間にか飛来していたようです。
採集道具をしまって移動しようとした時に車から飛び立ちました。
シルエットでオオクロカミキリしか考えられないと一瞬で判断。
色でオスだと確信。
仕舞った網を再度組み立てている間にSさんが目で追ってくれました。
カエデの葉裏に着地したので簡単に網に落とせると思いきや、
しがみついて一向に離れません。
揺すっても触角を枠で刺激しても微動だにせず、
最後の手段と、7mの竿を目一杯伸ばしてなぎ払うようにしてようやく確保しました。
少し間違えれば失敗するという状況だったので、
最悪でも道に落とせるようにと色々考えながらやったような気がしますが
採集できた時の喜びでその辺りがあやふやです。

メスは上記したようにモミなどの立ち枯れで比較的容易に見つけることができるのですが、
オスは難関だといいます。実際にこれまでもモミでは見たことがありませんし・・・。
偶然とはいえ、旅の最後にこのカミキリが採れたのがとても嬉しかったものです。

というわけで、僕の夏休みの嬉しかった虫たちでした。

8件のコメント

>ryoさん

まだまだ毎年チャンスはあります。
また来年楽しみましょう。

とってもうらやましいです。

今年は全然花を楽しめなかったので、
来年こそは楽しみたいです。
  • 2010-08-13
  • 投稿者 : ryo
  • URL
  • 編集

>タイヤキさん

カッコいいカミキリですよね。
ありがたいことにkusamaiは毎年ちょっとずつ採れています。
そう、普段いる場所が分からないので狙って採れないみたいです。
オオクロのオス。でもまた、そこがいいんですよね。

パキタがこんなに採れるなんて・・・。しかもクサマイが2つw
パキタのカッコ良さは格別ですね。

オオクロのオスは灯火とヒメオオを探していたときに採りました。
ヤナギの木にくっついていましたが、普段はどこにいるんでしょうかね?
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : タイヤキ
  • URL
  • 編集

>isseiさん

僕も同じように思います。
厚みがあって重厚に見えますね。
オスにはなかなか縁がありませんでした。
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>みゅんさん

そうですね。そちらのは何でいるのか不思議なほどですもんね。
どくとるマンボウのも、扱い的にはちょい役ですが
「どんなにいい虫なんだろう」と想像させられますもんね。
いやはや。パキタは特に現物の存在感が素晴らしいものです。
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

いいなあ

オオクロは写真で見るとサビやオオマルクビヒラタみたいですけど実際は抜群にかっこいいですよね。私も♂にまた会いたいです。
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : issei
  • URL
  • 編集

くー パキタいいなぁ
武骨な形が何とも言いがたい..

どくとるマンボウ昆虫記で読んで以来(というと歳が...)
憧れの虫です

こっちのは激珍ですもんね
  • 2010-08-12
  • 投稿者 : みゅん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1318-2a30aec0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。