Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>aki44さん

保護するにも捕獲できそうにありません。
彼らにとっては致命的な怪我なのに、元気に飛んでいますから。
そういう意味では一時的に飛べなくなった個体の方が幸運なのかも・・・。

>ミユキさん

>冷静に見ているのと張り裂けるような気持ちが共存しているような感じ
それ、分かる気がします。
僕は自然の中にあるものを擬人化して見ることについては否定的なんですが、
感情移入して捉える人の考え方も否定できません。
にんげんだもの。それは、それで素晴らしいことだと思っています。

フクロウのように丸呑みを学習できれば良いのですがネ。
こういった個体は保護の対象にならないのかなぁ~?
千切れないのはキツイですね。
  • 2010-10-20
  • 投稿者 : aki44
  • URL
  • 編集

私自身、冷徹に感じることがありますよ。
しっかり見るべき時はあるって確信しています。生とか死とかに関してもかなり冷静に見ているのと張り裂けるような気持ちが共存しているような感じですかね。
  • 2010-10-20
  • 投稿者 : ミユキ
  • URL
  • 編集

>dada042さん

ようこそ~!
横顔も撮ったのですが、気持ち的にお蔵入りにしました。
多分真っ黒になっているのも、体液に土が混じって泥状になっているのでしょう。
狩りは普通にこなせているのに、ことごとく食べられないのは
確かにきついですよね。
我が家の飼い鳥を見ていると、嘴の角質がどんどん更新されているので
ひょっとすると少しは何とかなるかもしれないと淡い期待を抱いてはいますが・・・。

こちらでは初めましてですね。
写真を見ただけでは気が付きませんでした。
記事を読んで見直してみると、確かにおちょぼ口になっています。。
狩が出来て食欲があるのに食べられないって・・・キツイです。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : dada042
  • URL
  • 編集

>ミユキさん

本当に何とかなって欲しいです。
せめて食べ物を丸呑みできればいいのですが
猛禽って嘴でちぎりながら食べますからね・・・。
こういうときこそ、観察者に徹しています。
だから、目をそらすことはないんですよ。
・・・冷たいかもな。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>T.Urabeさん

そうですね。痛々しいです。
ただ、僕には淡々としているようにも感じられました。
それはきっと、負傷していても普段通りの行動をとっているからでしょう。
この先、生きるにしても、死ぬにしても、淡々と今を生きて、未来を受け入れる。
そんな風に感じました。
何とか餌を摂れるように祈っています。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

きっとなんとかすると思います。
野生の動物って最後まで諦めたりしないから。
胸がしめつけられる場面ですね。
目をそらさず見るKHOさんに共感しました。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : ミユキ
  • URL
  • 編集

 こういうの見るのはきついですね。
 必死に生きようとしているところが痛々しいです。

 なんとか生き抜いて欲しいものですが。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1353-3c6fcd18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

チョウゲンボウ(少し悲しい)


久しぶりに鳥見をしました。
出迎えてくれたのはチョウゲンボウ。
身近に見られる小さなハヤブサの仲間です。

だけれども・・・

最初は車を停めて、おにぎりを食べている時に妻が発見。
すぐ目の前の電柱に留っていたのでした。

あわててカメラを構えて夢中で撮影。
逃げるそぶりも見せずこちらを見たり、地面を見たり。

ひとしきり撮影した後、写真を確認してみると何かおかしい。。。
20101018_chougen_01.jpg
猛禽類の象徴である、鉤状の嘴がすっぱり無くなっています。
あまりにも痛々しいその口を見てなんだか切なくなりながらも、
ずっと飛ばずにそこにいるのでしばらく見合っていました。
脚に持っていたカエルも食べずに落としてしまい、なんだかいたたまれない気分になります。
そうこうしているうちにチョウゲンボウ、
振り返って地面を見ると、おもむろに飛び降りました。

20101018_chougen_02.jpg
畑で見つけたのはバッタのよう。
あとから写真を見返してわかったのですが、このバッタも食べることができなかったようです。

20101018_chougen_03.jpg
この季節、刈り取りが終わった田圃には昆虫がたくさんいます。
それらを狙って来ているのでしょう。三羽のチョウゲンボウが見られたのですが、
近くに来たのはこの個体だけ。

飛びながら、脚に持ったバッタを一生懸命食べようとしていたのですが、食べられたのでしょうか。
20101018_chougen_05.jpg
どんな理由で嘴を失ったのかは分かりませんが、
これから冬に向かい、昆虫たちは姿を消し、カエルなども冬眠に入ってしまいます。
啄むことができなくなったこの個体。
小鳥や小動物を捕らえても丸呑みはできそうにありません。
なんとなく、冬を越せないような気がしています。

青空のもと、大好きなチョウゲンボウに会えたのは喜ばしいことですが、
その分重い気分になったのでした。

10件のコメント

>aki44さん

保護するにも捕獲できそうにありません。
彼らにとっては致命的な怪我なのに、元気に飛んでいますから。
そういう意味では一時的に飛べなくなった個体の方が幸運なのかも・・・。

>ミユキさん

>冷静に見ているのと張り裂けるような気持ちが共存しているような感じ
それ、分かる気がします。
僕は自然の中にあるものを擬人化して見ることについては否定的なんですが、
感情移入して捉える人の考え方も否定できません。
にんげんだもの。それは、それで素晴らしいことだと思っています。

フクロウのように丸呑みを学習できれば良いのですがネ。
こういった個体は保護の対象にならないのかなぁ~?
千切れないのはキツイですね。
  • 2010-10-20
  • 投稿者 : aki44
  • URL
  • 編集

私自身、冷徹に感じることがありますよ。
しっかり見るべき時はあるって確信しています。生とか死とかに関してもかなり冷静に見ているのと張り裂けるような気持ちが共存しているような感じですかね。
  • 2010-10-20
  • 投稿者 : ミユキ
  • URL
  • 編集

>dada042さん

ようこそ~!
横顔も撮ったのですが、気持ち的にお蔵入りにしました。
多分真っ黒になっているのも、体液に土が混じって泥状になっているのでしょう。
狩りは普通にこなせているのに、ことごとく食べられないのは
確かにきついですよね。
我が家の飼い鳥を見ていると、嘴の角質がどんどん更新されているので
ひょっとすると少しは何とかなるかもしれないと淡い期待を抱いてはいますが・・・。

こちらでは初めましてですね。
写真を見ただけでは気が付きませんでした。
記事を読んで見直してみると、確かにおちょぼ口になっています。。
狩が出来て食欲があるのに食べられないって・・・キツイです。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : dada042
  • URL
  • 編集

>ミユキさん

本当に何とかなって欲しいです。
せめて食べ物を丸呑みできればいいのですが
猛禽って嘴でちぎりながら食べますからね・・・。
こういうときこそ、観察者に徹しています。
だから、目をそらすことはないんですよ。
・・・冷たいかもな。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>T.Urabeさん

そうですね。痛々しいです。
ただ、僕には淡々としているようにも感じられました。
それはきっと、負傷していても普段通りの行動をとっているからでしょう。
この先、生きるにしても、死ぬにしても、淡々と今を生きて、未来を受け入れる。
そんな風に感じました。
何とか餌を摂れるように祈っています。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

きっとなんとかすると思います。
野生の動物って最後まで諦めたりしないから。
胸がしめつけられる場面ですね。
目をそらさず見るKHOさんに共感しました。
  • 2010-10-19
  • 投稿者 : ミユキ
  • URL
  • 編集

 こういうの見るのはきついですね。
 必死に生きようとしているところが痛々しいです。

 なんとか生き抜いて欲しいものですが。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1353-3c6fcd18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。