Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>aile21さん

ありがとうございます。
顕微鏡で覗けば似た感じになるのでしょうか。
僕が持っているルーペではここまで細かくは見えません・・・。
小さい画像で見たら却って比較しやすかったりして…
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

 絶句…。すごいですね。
ここまでクリアーに見えたら苦手なチビタマの同定も苦にならないかなぁ。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : aile21
  • URL
  • 編集

>まゆみさん

拡大すると多くの甲虫の模様が微毛で形成されているのがよく分かります。
肉眼で見るとベタっと白くなっているように見えますよね。
未撮影種があるうちはちょくちょくアップしていきたいと思いますのでご覧ください。
我が家での撮影方法はそのうちどこかでご紹介します。
「深度合成」という手法で画像を作っています。複数写真のピントがあった部分を合成する方法です。
撮り方は色々あるようですね。僕も手持ち機材に合わせて色々試行錯誤しています。

>ナグチャンパさん

ありがとうございます。
普通に撮る分には猛烈に絞りつつフラッシュの光をうまく回す程度で十分かなと思います。
できればマニュアル操作がしたいので一眼レフは欲しいところです。
タマムシに関しては自己採集にこだわらないつもりでいますので
そのうち標本を注文するかもしれません。その際はよろしくお願いします。

>えいもんさん

この気持ちがどこまで続くか…ですね(^ ^;;
やり始めた以上続けていきたいです。

>isseiさん

それ、できればやりたいです。
僕自身採集している種類は数えるほどしかありませんでした。
もしお手持ちで余っているような種類がありましたら是非。
展足は拡大するとなると結構気を使いますね。
でも、片目で見ているせいか、毎度微妙にゆがんでしまうのが
目下の悩みです。

凄い!w(゜o゜)w

シロオビナカボソタマムシは白帯のところの毛が白いのですね?
良く見かけますが、そうとは全然知らなかったです。
タマムシの拡大図鑑、今後も楽しみにしています♪
どうやったら、こんなに拡大写真を撮る事ができるのか?(・_・")?知りたい気もします。
素晴らしいです♪v(*'-^*)-☆
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : まゆみ
  • URL
  • 編集

素晴らしい!! こんな写真が撮りたいです。 カメラが課題な今日この頃・・・・・・です。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : ナグチャンパ
  • URL
  • 編集

これはすごいですね。素晴らしい図鑑になりますね。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : えいもん
  • URL
  • 編集

ナガタマなど協力して拡大図鑑を作成していただきたい気分になります。素晴らしいの一言です。難しい展足も決まってますね。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : issei
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1417-e74a1704
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

小さなタマムシ倶楽部

Habroloma subbicorne
台風に梅雨ということで、よく降り続きますね。
先日も書いたように、小さな虫を大きく写すのにハマっています。
これはヒラタチビタマムシ。2mm程度の非常に小さなタマムシです。
前胸の異様な形状と、よく見ると上翅の側面も変形しているのが分かります。
まるで、このままジンガサハムシのような形状に変化していくかのよう。
肉眼だとちょっと変な形のチビタマムシ、と認識するのがやっとです。

Coroebus quadriundulatus
これは山のキイチゴなどで普通に見られるシロオビナカボソタマムシ。
こちらも肉眼では分からない造形に息を飲みました。
画像をクリックした先でさらに画像を右クリックしてみてください。
「Original」というのを選択すると、幅1024ピクセルの巨大な画像が開きます。
前胸の鱗状になった形状や、前胸から上翅に至る側縁部分のノコギリのようなギザギザなど、
見ていて飽きません。
美は細部に宿る、なんて言いますが、本当にそうですね。

それで、こんな感じの写真を撮り貯めて集めています。
主目的は、難解なナガタマムシをできるだけ鮮明に撮影して、同定に役立つ資料にしたいなぁ、ということ。
頂き物の標本や自分で採集できた標本をちょっとずつ撮っていこうと考えています。

今のところの進み具合は・・・
こんな感じです。

10件のコメント

>aile21さん

ありがとうございます。
顕微鏡で覗けば似た感じになるのでしょうか。
僕が持っているルーペではここまで細かくは見えません・・・。
小さい画像で見たら却って比較しやすかったりして…
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

 絶句…。すごいですね。
ここまでクリアーに見えたら苦手なチビタマの同定も苦にならないかなぁ。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : aile21
  • URL
  • 編集

>まゆみさん

拡大すると多くの甲虫の模様が微毛で形成されているのがよく分かります。
肉眼で見るとベタっと白くなっているように見えますよね。
未撮影種があるうちはちょくちょくアップしていきたいと思いますのでご覧ください。
我が家での撮影方法はそのうちどこかでご紹介します。
「深度合成」という手法で画像を作っています。複数写真のピントがあった部分を合成する方法です。
撮り方は色々あるようですね。僕も手持ち機材に合わせて色々試行錯誤しています。

>ナグチャンパさん

ありがとうございます。
普通に撮る分には猛烈に絞りつつフラッシュの光をうまく回す程度で十分かなと思います。
できればマニュアル操作がしたいので一眼レフは欲しいところです。
タマムシに関しては自己採集にこだわらないつもりでいますので
そのうち標本を注文するかもしれません。その際はよろしくお願いします。

>えいもんさん

この気持ちがどこまで続くか…ですね(^ ^;;
やり始めた以上続けていきたいです。

>isseiさん

それ、できればやりたいです。
僕自身採集している種類は数えるほどしかありませんでした。
もしお手持ちで余っているような種類がありましたら是非。
展足は拡大するとなると結構気を使いますね。
でも、片目で見ているせいか、毎度微妙にゆがんでしまうのが
目下の悩みです。

凄い!w(゜o゜)w

シロオビナカボソタマムシは白帯のところの毛が白いのですね?
良く見かけますが、そうとは全然知らなかったです。
タマムシの拡大図鑑、今後も楽しみにしています♪
どうやったら、こんなに拡大写真を撮る事ができるのか?(・_・")?知りたい気もします。
素晴らしいです♪v(*'-^*)-☆
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : まゆみ
  • URL
  • 編集

素晴らしい!! こんな写真が撮りたいです。 カメラが課題な今日この頃・・・・・・です。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : ナグチャンパ
  • URL
  • 編集

これはすごいですね。素晴らしい図鑑になりますね。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : えいもん
  • URL
  • 編集

ナガタマなど協力して拡大図鑑を作成していただきたい気分になります。素晴らしいの一言です。難しい展足も決まってますね。
  • 2011-05-30
  • 投稿者 : issei
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1417-e74a1704
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。