Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>FUJIMORIさん

いらっしゃいませ。あのときはありがとうございました。そうですね。拡大してみてずいぶん研磨されている範囲が広いと思いました。あと、ステンレスの肌そのものがとても滑らかですね。こういう針を
作るところがあるといいのにと思います。
  • 2012-11-13
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

はじめまして

青山の即売会で居合わせた者です。うまく撮れましたね。拡大して撮ると結構色々なことがわかるものです。カールスバードやはり美しいです。針の先がかなり上の方から徐々に細くなっているのが良くわかります。他の針とはそこが全然違います。
  • 2012-11-12
  • 投稿者 : FUJIMORI
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1528-31e32ecf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

針くらべ

先日の記事に引き続き、海外の昆虫針の拡大写真を。
フェアなどでベテランの方に話を聞くと、「つまみやすい、刺さりやすい、回りにくい、曲がりにくい」
など、こと針に関してはいろいろ面白い薀蓄があるようです。
そこでせっかく拡大撮影できるのだからなぜそうなのかを実際に見てみたいと思って撮っています。

まず最初は
KARLSBADER Insect Pin
KARLSBADER 号数不明(3号くらいでしょうか)
カールスバードという有名な針です。
僕のような若輩者ですと、もはや国内では入手すら極めて困難なれど、大変評価の高い針です。
(昔から標本をやっている方は持っているかもしれませんね)
今回、青山のフェアでディーラーの方のご厚意で一本いただけました。
どこがすごいかというと、頭が真鍮製。線材を巻きつけて鍛造してあるような雰囲気です。
そして、針そのものの表面も非常になめらか。光の反射が一本の線でくっきりしています。
真鍮の頭だと有機溶剤にも(当然ですが)強いという大きなアドバンテージがあるのだそうです。
ほれぼれする美しさですね。
KARLSBADER Insect Pin
KARLSBADER
そして針先。「すっと抵抗なく刺さる」という評判は、長めに取られたテーパーと、先端の鋭さ。
それと研磨面の滑らかさにあるような気がします。
前回のAusterlitz製の針と先端を比較するとまったく異なっていることが分かりました。

ENTOSPHINX#3
さてもう一種。ENTOSPHINX3号 こちらはナイロンヘッド風の頭で、樹脂製です。
エポキシ樹脂を2工程で付けているようですね。Austerlitz製の針は内側にラメ入り、外側をクリアーでコーティングしていたのに対し、
こちらは無色の樹脂で芯を作り、化粧的にラメ入り樹脂をつけている雰囲気です。
結構頭のサイズや樹脂のつき方に差があるので、手作り感がたっぷりです。
内職とかで作っているんでしょうか。

ENTOSPHINX#3
先端。
どちらかというとAusterlitz製に近いですが、ステンレスの肌が荒々しい感じです。
Austerlitzは先付してある箇所とそうでない箇所の境界がはっきりしていたのに対し、
こちらは全体的に研磨傷のようなものが見られます。

また別の針が手に入ったら写真を撮ってみようと思います。
なかなか面白いと思っているのですが・・・
誰特記事w

2件のコメント

>FUJIMORIさん

いらっしゃいませ。あのときはありがとうございました。そうですね。拡大してみてずいぶん研磨されている範囲が広いと思いました。あと、ステンレスの肌そのものがとても滑らかですね。こういう針を
作るところがあるといいのにと思います。
  • 2012-11-13
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

はじめまして

青山の即売会で居合わせた者です。うまく撮れましたね。拡大して撮ると結構色々なことがわかるものです。カールスバードやはり美しいです。針の先がかなり上の方から徐々に細くなっているのが良くわかります。他の針とはそこが全然違います。
  • 2012-11-12
  • 投稿者 : FUJIMORI
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/1528-31e32ecf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。