Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>871さん

なるほど!
レンズの真ん中に魚露目がくっつく感じですね。
芯出しが難しそうです。
16kで簡易虫の目ですか、とても面白そうです。

>florさん

僕も使い込みが足りないので「ここまで収めたい」というところが
上手く写せません(^ ^;;
それにも増してこれからの季節、一眼は大きすぎる場面が多々出てきますので。。。
過去にコンデジ使っていた頃からすると、最近のは相当進歩してますから
失敗もほとんどないでしょうしね。
楽に撮りたい絵が撮れるのならば、そっちに行くのもアリだと思うのです。
出来ることは限られてきますが、フィールドノート代わりと思えばそれでもいいかなぁ。

>えいもんさん

そうなんですよね。
このところの写真に占める虫の大きさ自体は最初の頃と
あまり変わってないと思うんですが、それを取り巻く環境は遥かに大きい。
それでどうやって収めきれるのか、というのが難しいところです。
また、虫単体のデータ容量は100k以下で収められるのですが、
植物などが増えると一気に200kを越えたり・・・。
えいもんさんの紹介してくださる虫はどれもこれも新鮮なので
画像のほとんどが虫でもうれしいし楽しいですよ(^ ^)

魚露目には、強力な磁石が付属してきます。
カメラ側レンズのフィルター中央にワッシャーを貼り付け、周りを黒い紙などで遮光するだけで取り付けることができます。
レンズによってはケラレますが、このチープレンズは相性がよさそうでした。
おもちゃみたいなレンズですから、凄く軽くてコンパクトですよw
  • 2007-05-27
  • 投稿者 : 871
  • URL
  • 編集

こんなことをデジイチもブログも始めたばかりの私が言うにはおこがましいのですが 最近同じ事を言っていたのですよ。
同じものを写したとき、記録として残すにはルミックス(コンパクト)の写真ほうが遥かに情報が多いんですよ。私はデジイチの操作がまだ下手なせいもあるかもしれないけど ぼけすぎちゃって^^へへ 急いでる時にレンズ交換はチと無理。
お世話になってるお役立ちサイトもコンデジなのは KOH16さんと同じ考えに至ってるからじゃないかと思うんですよね。
でもやっぱり一眼のKOH16さんの写真素敵ですから見たいです。

生態を分かりやすく伝えるために、
できるだけ大きな画像を載せたい、
というお考、よく分かります。
自分はサイトの容量との関係、
あるいはページの開きやすさを重視して、
できるだけ多くの画像を載せる反面で、
各画像を小さくリサイズしています。
そして、小さな画像で虫を紹介するために、
虫を背景に比して大きくアップしてしまいます。

最近、自分でだんだんと不満になってきました。
画像数を削って大きな画像を、と思うことも多いのです。

ただ、とりあえずは、変更するのが面倒でもあるので、
今のスタイルを続けていこうと思っています・・・
  • 2007-05-27
  • 投稿者 : えいもん
  • URL
  • 編集

>871さん

GX100以前紹介していただいてからずっと気になっていました。
会社にあるcaprioが工業製品として微妙だったこともあり、
悩みどころだったんですが、実際手に取ってみるとなかなかしっくり来ていいです。
小さすぎないし(^ ^)ファインダーがうれしい。
>AF Zoom Nikkor 28~80mm F3.3~5.6G
これは・・・?魚露目をくっつけられるということですか?
結構コンパクトなんでしょうかね。
今度中古屋覗いてみることにします。

>牛柄さん

いえいえ、そんなに褒めないでください。
まだまだ出来ないことばかりですから。
方針としては例えば今回のであれば写真の順序を入れ替える、
とかそういうレベルでの話です。
昨年までの写真を見返して、ふと思ったことがきっかけです。
「これじゃどこで撮っても一緒じゃんか」という・・・。
これからもたいして変わらない可能性が高い気もしますが
覗いてやってくださいませ。

>kyonさん

ありがとうございます。
生態写真ってなんだろう、と最近思うことが多々ありまして、
何か目標があると続けやすいですしね。

セイボウ、今度は捕獲できましたよ。
写真を載せるのは少しあとになりますがおそらく同じ種類です。
見てみてください。

博物館っすか。それは大変・・・。
おもしろ系とかだったらいいんですが、真面目なのは自分の底が浅いので無理(^ ^)

>tu4477さん

いえですから師匠では・・・(^ ^;;
生きた虫のディテールはtu4477さんの素晴らしい作品がありますし
僕にはそんな腕はないということで。
せっかく虫採りであちこち出かけますから
風景と虫を一緒に撮りたい、っていうのもあってのことです。
やぁ、多分僕も買えないですけど、いつかは手に入れたいなぁと思います。
コンデジ>一眼>コンデジって、何やってるのかというのもありますが
使い分けが上手くできるとより色々しやすくなると思っとります。

途中まで読んで、だったらGX100を買えばいいのにと思ったら、自分が出てきてビックリしましたw
現在、使用しているのはD70でしたっけ?。
以前も勧めましたが、魚露目8号は、まだ購入できると思います。
http://www.fit-movingeye.co.jp/2003/03/gyorome8.html
直接、電話して問い合わせるのが早いです。

AF Zoom Nikkor 28~80mm F3.3~5.6Gならほとんどケラレはなくなると想像します。
自作、魚露目もどきでテストした結果です。
このレンズは、中古しかありませんが、10000円以下だと思います。
AFで撮影できますし、接続も楽です。
魚露目は6000円程度ですから、一度、試してみてはどうでしょうか。


  • 2007-05-26
  • 投稿者 : 871
  • URL
  • 編集

学究的な目で見れて、かつ絵的に美しい写真って、そうそう無いと思うですよ。
KOH16さんはそれを両立していらっしゃる。
例えば一枚目の写真、刈り揃えたような産毛がきちんと、しかも美的に見えます。
普段、肉眼で見ようと思ってもできないところを、ちゃんと見せてくれる。
そしてさらに、生態写真まで付くとなれば、こちら野次馬モンとしても大いに楽しみです。
どんな手段 (機材とか腕とか) で見せてくれるかはお任せします、こちらは魅せられるばかりですからw

生態写真

こんにちは
やはり 生態写真だったんですね
高橋先生のお墨付きですから 今のままで良いのでは・・・と 私としては思うのですが・・・
実際 カリメロさんの写真は美しいです。

セイボウは 実際に見たいと思い 専門家の方に見せて 教えてくださいと迫っちゃいました!

標本とラベルもセットと言うことは 
【かりめろ博物館】でも作る予定ですか?
それも 楽しみです。

 そうだったんですね。なんだか雰囲気が違ったなと思っていたのですが、明確な意図を持っての変更とは、さすが師匠です。
 最近私もコンデジに興味がありまして・・・でも買えないと思います。確かに、KOH16さんの意図している事をするためにはいい道具ですよね。ますます楽しみなブログです。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/432-e42efec4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

独り言



最近考えてること。
と物欲。
テンプレートをいじり大きな写真を載せられるようにしたのには理由があります。
このデザインに変えてからエントリー最初の一枚は今日の一枚目のような昆虫のアップを極力載せないようにしています。
それは昆虫の生息環境、昆虫のいる風景をきちんと写せるようになりたいから。
今のところこのブログの主役はやはり昆虫ですが、
例えば葉に留まっている虫はその葉に比べて大抵の場合小さいものです。
昆虫をそれなりの大きさに写しつつ、周辺の情報も入れたいということからその分画像を大きくしたわけですが、、、
今の所まだまだ腕が追いつきません。(大きいということは失敗した時のリスクも大きい・・・)

最大でも
20070526_abu_01.jpg

このくらいには押さえたい。
これにしても背景がボケて飛んでしまい、周辺環境を記録できているとは言えないと思うのです。

僕は昆虫を採集し、そのあとは標本として残しています。
標本にはデータを記したラベルを一緒にして管理するのですが、その延長線上に一枚の写真が欲しいなぁ。と。
つまりそれが生態写真というわけで。
ただ、本当に昆虫が興味深い動きをする現場に遭遇することは滅多にないことと、
目的が採集することである以上、その虫の生態をきちんと捉えた写真も滅多に撮れません。
なので、僕が欲しい生態写真は「その虫がどんなところにいて、周りはどんな感じだったのか」という情報を持った写真。

環境の写し込みに関しては「虫の目レンズ」がひとつの答えだと思っています。
しかしこれは大きい。(サイズとコストと撮影技術的なハードルが・・・)

で、何が言いたいのかというと、
昆虫の生態写真を撮るのには、最近のコンパクトデジカメは最適なのではないかということ。
以前871さんがお進めくださったリコーのGX100が欲しくてたまらん(^ ^)ということです。
広角、深い被写界深度、マクロが得意で手ぶれもある程度防いでくれる。そしてフットワークが軽くなる。
一眼ならではのクリアな画質(ブログに載っけてるのはあれですが、僕がいじらなければかなりクリアなんです)
、スムーズなピント合わせと引き換えにしてもかなり使えるんじゃないかと想像しています。

残念ながらちょっと初期ロットで問題が多発しているようなので飛びつくわけにはいかないですが、
今、とても欲しいアイテムです。(「欲しい」と「手に入れる」は必ずしも両立しませんが)

14件のコメント

>871さん

なるほど!
レンズの真ん中に魚露目がくっつく感じですね。
芯出しが難しそうです。
16kで簡易虫の目ですか、とても面白そうです。

>florさん

僕も使い込みが足りないので「ここまで収めたい」というところが
上手く写せません(^ ^;;
それにも増してこれからの季節、一眼は大きすぎる場面が多々出てきますので。。。
過去にコンデジ使っていた頃からすると、最近のは相当進歩してますから
失敗もほとんどないでしょうしね。
楽に撮りたい絵が撮れるのならば、そっちに行くのもアリだと思うのです。
出来ることは限られてきますが、フィールドノート代わりと思えばそれでもいいかなぁ。

>えいもんさん

そうなんですよね。
このところの写真に占める虫の大きさ自体は最初の頃と
あまり変わってないと思うんですが、それを取り巻く環境は遥かに大きい。
それでどうやって収めきれるのか、というのが難しいところです。
また、虫単体のデータ容量は100k以下で収められるのですが、
植物などが増えると一気に200kを越えたり・・・。
えいもんさんの紹介してくださる虫はどれもこれも新鮮なので
画像のほとんどが虫でもうれしいし楽しいですよ(^ ^)

魚露目には、強力な磁石が付属してきます。
カメラ側レンズのフィルター中央にワッシャーを貼り付け、周りを黒い紙などで遮光するだけで取り付けることができます。
レンズによってはケラレますが、このチープレンズは相性がよさそうでした。
おもちゃみたいなレンズですから、凄く軽くてコンパクトですよw
  • 2007-05-27
  • 投稿者 : 871
  • URL
  • 編集

こんなことをデジイチもブログも始めたばかりの私が言うにはおこがましいのですが 最近同じ事を言っていたのですよ。
同じものを写したとき、記録として残すにはルミックス(コンパクト)の写真ほうが遥かに情報が多いんですよ。私はデジイチの操作がまだ下手なせいもあるかもしれないけど ぼけすぎちゃって^^へへ 急いでる時にレンズ交換はチと無理。
お世話になってるお役立ちサイトもコンデジなのは KOH16さんと同じ考えに至ってるからじゃないかと思うんですよね。
でもやっぱり一眼のKOH16さんの写真素敵ですから見たいです。

生態を分かりやすく伝えるために、
できるだけ大きな画像を載せたい、
というお考、よく分かります。
自分はサイトの容量との関係、
あるいはページの開きやすさを重視して、
できるだけ多くの画像を載せる反面で、
各画像を小さくリサイズしています。
そして、小さな画像で虫を紹介するために、
虫を背景に比して大きくアップしてしまいます。

最近、自分でだんだんと不満になってきました。
画像数を削って大きな画像を、と思うことも多いのです。

ただ、とりあえずは、変更するのが面倒でもあるので、
今のスタイルを続けていこうと思っています・・・
  • 2007-05-27
  • 投稿者 : えいもん
  • URL
  • 編集

>871さん

GX100以前紹介していただいてからずっと気になっていました。
会社にあるcaprioが工業製品として微妙だったこともあり、
悩みどころだったんですが、実際手に取ってみるとなかなかしっくり来ていいです。
小さすぎないし(^ ^)ファインダーがうれしい。
>AF Zoom Nikkor 28~80mm F3.3~5.6G
これは・・・?魚露目をくっつけられるということですか?
結構コンパクトなんでしょうかね。
今度中古屋覗いてみることにします。

>牛柄さん

いえいえ、そんなに褒めないでください。
まだまだ出来ないことばかりですから。
方針としては例えば今回のであれば写真の順序を入れ替える、
とかそういうレベルでの話です。
昨年までの写真を見返して、ふと思ったことがきっかけです。
「これじゃどこで撮っても一緒じゃんか」という・・・。
これからもたいして変わらない可能性が高い気もしますが
覗いてやってくださいませ。

>kyonさん

ありがとうございます。
生態写真ってなんだろう、と最近思うことが多々ありまして、
何か目標があると続けやすいですしね。

セイボウ、今度は捕獲できましたよ。
写真を載せるのは少しあとになりますがおそらく同じ種類です。
見てみてください。

博物館っすか。それは大変・・・。
おもしろ系とかだったらいいんですが、真面目なのは自分の底が浅いので無理(^ ^)

>tu4477さん

いえですから師匠では・・・(^ ^;;
生きた虫のディテールはtu4477さんの素晴らしい作品がありますし
僕にはそんな腕はないということで。
せっかく虫採りであちこち出かけますから
風景と虫を一緒に撮りたい、っていうのもあってのことです。
やぁ、多分僕も買えないですけど、いつかは手に入れたいなぁと思います。
コンデジ>一眼>コンデジって、何やってるのかというのもありますが
使い分けが上手くできるとより色々しやすくなると思っとります。

途中まで読んで、だったらGX100を買えばいいのにと思ったら、自分が出てきてビックリしましたw
現在、使用しているのはD70でしたっけ?。
以前も勧めましたが、魚露目8号は、まだ購入できると思います。
http://www.fit-movingeye.co.jp/2003/03/gyorome8.html
直接、電話して問い合わせるのが早いです。

AF Zoom Nikkor 28~80mm F3.3~5.6Gならほとんどケラレはなくなると想像します。
自作、魚露目もどきでテストした結果です。
このレンズは、中古しかありませんが、10000円以下だと思います。
AFで撮影できますし、接続も楽です。
魚露目は6000円程度ですから、一度、試してみてはどうでしょうか。


  • 2007-05-26
  • 投稿者 : 871
  • URL
  • 編集

学究的な目で見れて、かつ絵的に美しい写真って、そうそう無いと思うですよ。
KOH16さんはそれを両立していらっしゃる。
例えば一枚目の写真、刈り揃えたような産毛がきちんと、しかも美的に見えます。
普段、肉眼で見ようと思ってもできないところを、ちゃんと見せてくれる。
そしてさらに、生態写真まで付くとなれば、こちら野次馬モンとしても大いに楽しみです。
どんな手段 (機材とか腕とか) で見せてくれるかはお任せします、こちらは魅せられるばかりですからw

生態写真

こんにちは
やはり 生態写真だったんですね
高橋先生のお墨付きですから 今のままで良いのでは・・・と 私としては思うのですが・・・
実際 カリメロさんの写真は美しいです。

セイボウは 実際に見たいと思い 専門家の方に見せて 教えてくださいと迫っちゃいました!

標本とラベルもセットと言うことは 
【かりめろ博物館】でも作る予定ですか?
それも 楽しみです。

 そうだったんですね。なんだか雰囲気が違ったなと思っていたのですが、明確な意図を持っての変更とは、さすが師匠です。
 最近私もコンデジに興味がありまして・・・でも買えないと思います。確かに、KOH16さんの意図している事をするためにはいい道具ですよね。ますます楽しみなブログです。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/432-e42efec4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。