Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>えいもんさん

ハイイロハナが身近とはうらやましいです。
ヨーロッパのあの頭でっかちな種類、あこがれています。
そういえばみんな針葉樹ですね。
日本では高標高地のイメージがありますが、
より涼しい場所ということで針葉樹林帯に適応した、
とか。どうなんでしょうね。

ハイイロハナは、種類こそ違いますが、
フランスでは身近なカミキリの一つです。
日本で広葉樹食いの種がいないのは、
かえって不思議な感じがしています。
  • 2007-06-22
  • 投稿者 : えいもん
  • URL
  • 編集

>yamanao999さん

ハイイロハナ、僕もこれで2度目です。
ホンドハイイロハナは何度か見ているんですが
こちらの方が色濃くて好きです。
とても魅力的なスタイルだと思います(^ ^)

>kyonさん

なかなかアップで見ることがないので
意外に思うことが多々あります。
この間のキスジトラも然り。
結構毛深いものですね。
展足はいつも悩みどころです。
数が少ないうちは針も使って整えられますが、
このシーズンは脱脂綿の上で整えることが多くなり
いまいちな仕上がりになってしまいがちです。
そうはいっても毎日ちびちびいじるのもなかなかいいものですけどね。
ゴミムシですか。それでドイツ箱2/3とは、かなりの数になるんでしょうね。
壮観だろうなあ。

ハイイロハナカミキリはまだ見た事がありません。魅力ありますね~!いつも勉強になります(^^)
  • 2007-06-21
  • 投稿者 : yamanao999
  • URL
  • 編集

キレイな毛

ハイイロハナカミキリは何度か見てるけど
こんなに体中に毛が生えているんですね~?

標本は かびたりすると手入れするから 毛はなくなってしまうのでしょうね!

つくづく てん足がもっと上手にならないと
虫に悪いと感じました。
生きていた時のように 作ってあげたいですね!
私のドイツ箱は3分の2が ゴミムシです。
高山のネズミ捕獲の墜落管に落ちたものと 天城山の自然の穴で見つけたものくらいですか!

>florさん

複眼が触角を取り巻くカミキリは多いです。
大なり小なり、ですが。
カミキリの場合、何を食べているかってのが結構重要なので
自ずとセットで覚えていくことになります。
人に教えてもらって「あぁ、これがその木か」
と思うこともあれば、逆に虫が採れてから
「なるほどこれが~」
と思うこともあったり。
勉強になります。

>871さん

拝見しましたよ~。
あんな道路沿いですか(@ @)
確かにゾウムシに似てるかも。
同じような環境にいるオオゾウムシはさしずめラギウムもどきです。
今度見つけたら言ってみてください。
その筋の人に見えるかもしれません(^ ^)

>しんちゃんさん

ちょっともやっとしてしまいましたが、
広角はあとで写真を見るときにとても楽しいです。
マクロよりいい記録になるんではないでしょうか。
イタヤ、僕も未採集です。いつかヤナギにくっついているところを見つけたいですね。
エゾトラ、帰宅後見てみたら・・・
いいじゃないですか!こっちも見つけてみた~い。

>牛柄さん

しぶいでしょ。
おそらく輪郭をぼかす効果がある色使いなんだと思います。
ハナカミキリの仲間はこういうまん丸の眼をしたのが多いです。
牛柄さんが観察したやつは眼から触角が生えているのではなく
触角を複眼が取り巻くという感じになるようです。
よくよく見ると複眼と触角の間にワンクッションあるんですよ。

こんな所で相づちを打つのもなんですが...
>イタヤカミキリは、眼から触角が生えてたんで・・・。
そうそう、ほんと割り込んでいました。
カミキリって結構付くものが決まってるのですね。偏食家ですね。
アップで見ると、それぞれ個性がありますねw

先日、私も撮影したばかりです。
ゾウムシだと思いました。。。
「お、ラギウムじゃん」とか、さりげなく言ってみたいですねw
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : 871
  • URL
  • 編集

広角の効果

が抜群ですね。背景までうっすらとわかり、すごいです。私はホンドより、こっちが好きです。ところで「イタヤ」に反応してしまいました。これ、なんとかしたい未採集種類なんです。
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : しんちゃん
  • URL
  • 編集

不思議な色合いのカミキリですね。
犬でいうところの虎毛のような。
姿かたちも合わせ、原始的な匂いってのがわかるような気がします。
そうそう接写のを見て思ったんですが、眼がまん丸ですね。
先日教えてもらったイタヤカミキリは、眼から触角が生えてたんで・・・。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/456-3a61b704
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

作戦その2~ハイイロハナカミキリ

クモマハナを採集したあと、そのまま奥へ。
そこでは倒木にいろいろなカミキリが集まるのだそうです。
新しめの倒木、古くなった倒木、色々あります。
モミの倒木の前でしんちゃんさんは言います。
「ラギウムがいると思うんだよねぇ」
ラギウムというのは・・・
「いた。ラギウム」
・・・さすがです(^ ^)


これです。ハイイロハナカミキリ。
学名がRhagium japonicum。それでラギウムと呼ばれています。
倒木の表面と完全に同化しています。
高尾山で見つけたホンドハイイロハナカミキリよりも黒っぽいのが特徴。
より迷彩効果が高いようで、カメラのレンズを交換するのに目を離すと
再度認識するのにしばらく時間がかかるほどです。
20070620_arame_03.jpg

カミキリらしくないごつごつした姿が格好いいです。
じっとしているときは本当に全然動きませんが
ひとたび動き始めるとなかなか敏捷です。
原始的な匂いのするカミキリですね。

14件のコメント

>えいもんさん

ハイイロハナが身近とはうらやましいです。
ヨーロッパのあの頭でっかちな種類、あこがれています。
そういえばみんな針葉樹ですね。
日本では高標高地のイメージがありますが、
より涼しい場所ということで針葉樹林帯に適応した、
とか。どうなんでしょうね。

ハイイロハナは、種類こそ違いますが、
フランスでは身近なカミキリの一つです。
日本で広葉樹食いの種がいないのは、
かえって不思議な感じがしています。
  • 2007-06-22
  • 投稿者 : えいもん
  • URL
  • 編集

>yamanao999さん

ハイイロハナ、僕もこれで2度目です。
ホンドハイイロハナは何度か見ているんですが
こちらの方が色濃くて好きです。
とても魅力的なスタイルだと思います(^ ^)

>kyonさん

なかなかアップで見ることがないので
意外に思うことが多々あります。
この間のキスジトラも然り。
結構毛深いものですね。
展足はいつも悩みどころです。
数が少ないうちは針も使って整えられますが、
このシーズンは脱脂綿の上で整えることが多くなり
いまいちな仕上がりになってしまいがちです。
そうはいっても毎日ちびちびいじるのもなかなかいいものですけどね。
ゴミムシですか。それでドイツ箱2/3とは、かなりの数になるんでしょうね。
壮観だろうなあ。

ハイイロハナカミキリはまだ見た事がありません。魅力ありますね~!いつも勉強になります(^^)
  • 2007-06-21
  • 投稿者 : yamanao999
  • URL
  • 編集

キレイな毛

ハイイロハナカミキリは何度か見てるけど
こんなに体中に毛が生えているんですね~?

標本は かびたりすると手入れするから 毛はなくなってしまうのでしょうね!

つくづく てん足がもっと上手にならないと
虫に悪いと感じました。
生きていた時のように 作ってあげたいですね!
私のドイツ箱は3分の2が ゴミムシです。
高山のネズミ捕獲の墜落管に落ちたものと 天城山の自然の穴で見つけたものくらいですか!

>florさん

複眼が触角を取り巻くカミキリは多いです。
大なり小なり、ですが。
カミキリの場合、何を食べているかってのが結構重要なので
自ずとセットで覚えていくことになります。
人に教えてもらって「あぁ、これがその木か」
と思うこともあれば、逆に虫が採れてから
「なるほどこれが~」
と思うこともあったり。
勉強になります。

>871さん

拝見しましたよ~。
あんな道路沿いですか(@ @)
確かにゾウムシに似てるかも。
同じような環境にいるオオゾウムシはさしずめラギウムもどきです。
今度見つけたら言ってみてください。
その筋の人に見えるかもしれません(^ ^)

>しんちゃんさん

ちょっともやっとしてしまいましたが、
広角はあとで写真を見るときにとても楽しいです。
マクロよりいい記録になるんではないでしょうか。
イタヤ、僕も未採集です。いつかヤナギにくっついているところを見つけたいですね。
エゾトラ、帰宅後見てみたら・・・
いいじゃないですか!こっちも見つけてみた~い。

>牛柄さん

しぶいでしょ。
おそらく輪郭をぼかす効果がある色使いなんだと思います。
ハナカミキリの仲間はこういうまん丸の眼をしたのが多いです。
牛柄さんが観察したやつは眼から触角が生えているのではなく
触角を複眼が取り巻くという感じになるようです。
よくよく見ると複眼と触角の間にワンクッションあるんですよ。

こんな所で相づちを打つのもなんですが...
>イタヤカミキリは、眼から触角が生えてたんで・・・。
そうそう、ほんと割り込んでいました。
カミキリって結構付くものが決まってるのですね。偏食家ですね。
アップで見ると、それぞれ個性がありますねw

先日、私も撮影したばかりです。
ゾウムシだと思いました。。。
「お、ラギウムじゃん」とか、さりげなく言ってみたいですねw
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : 871
  • URL
  • 編集

広角の効果

が抜群ですね。背景までうっすらとわかり、すごいです。私はホンドより、こっちが好きです。ところで「イタヤ」に反応してしまいました。これ、なんとかしたい未採集種類なんです。
  • 2007-06-20
  • 投稿者 : しんちゃん
  • URL
  • 編集

不思議な色合いのカミキリですね。
犬でいうところの虎毛のような。
姿かたちも合わせ、原始的な匂いってのがわかるような気がします。
そうそう接写のを見て思ったんですが、眼がまん丸ですね。
先日教えてもらったイタヤカミキリは、眼から触角が生えてたんで・・・。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/456-3a61b704
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。