Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>牛柄さん

僕もカミキリを気にし始めてから
いろいろな方のHPや図鑑を拝見してはどれもが珍しく見えたものです。
自分で探し始めると確かに「これはたくさんいる」「こんなの本当にいるのか」
というのがだんだん分ってきて、それがまた楽しいものです。
ハセガワトラ想像以上にスマートでエレガント。
写真では伝えきれない魅力を発していました。

ハセガワさんが珍種とはKOH16さん言うけれど・・・。
俺の目にはKOH16さんがUPするもの全てが目新しいもの、珍種に見えます。
これ、触角が繊細で綺麗ですね。
途中にある白い斑が素敵なカミキリです。
肢のデザイン、均整の取れたボディも素晴らしい。
こういったいろんなカミキリを狙って捕らえることが出来るって、スゴイです。

>しまちゃんさん

そうですね。無事産卵してくれたら、ですけど。。。
クワガタとかと違って分りづらいんだろうなあ。
北に行かれるのですか。そんで来週アタックという感じですか。
きっといい頃合いなんじゃないでしょうかね。アカムネもヤツボシも。
片っ端から見つけていくしまちゃんさんの姿が目に浮かびます(^ ^)
リンゴもルッキングとは、素晴らしいです。飛んでるのしか見つけられません(^ ^;;
産卵痕も拝見しました。初めて見ましたよ!!

>しんちゃんさん

本当に幸運でしたね。しかも2回とも同じ場所とは。
僕はしんちゃんさんに感謝です(^ ^)
最後の写真はその目にピントを持ってこようとやってみたものです。
オスメス両方になんとか合わせられたかな。。。
「何見てんだよ」って雰囲気ですよね。
実は触角を震わせている写真にも挑戦したんですが、微妙に面白くないものになってしまいましたので没です。
や、嫁さん。自信は未だにないです(^ ^;;

来年(かな?)が楽しみですね。今年は北から帰宅した週末に出動する予定です。でも、また♀だろうなぁ~~~~。

悔しいから今日はリンゴちゃんを5つ拉致してきました。どうだ、いいだろう!




あ~~~、虚しい…
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

幸運

この種類に出会うのは、かなり幸運だと思います。その幸運が私たちに訪れて感謝ですね。
それにしても画像は迫力満点。特に、目つきがすごいなぁ?と感心しました。
たまには、自慢を少々、許してね。この種類は以前、奥日光で出会っているので、今回は、まず撮影しようという余裕がありました。触角を微妙にふるわせているしぐさが面白いし、トラ類の中では異様に触角が長いですね。
で、嫁さん、よろしくね。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : しんちゃん
  • URL
  • 編集

>florさん

綺麗な放物線を描く触角はとても綺麗です。
結構これに類似した色パターンを持つカミキリって多いのですが、どうやらアリに擬態しているようです。
美しい虫ですね。
このところ、自分ひとりでは一生採集できないような虫に会わせて頂いています。
ひたすら感謝するのみです(^ ^)

>しまちゃんさん

やってしまいました。
うれしいっす。
しかしメスに比べてオスって小さいのね・・・。
触角が長すぎて、細すぎて。
切れてしまわないかとヒヤヒヤしております。

>kyonさん

そうなんです。地味なんですよ。
特に現地で見たときはこの長い触角も回りに溶け込んでしまって全然見えませんでした。
おっしゃるように、白がアクセントになってとても引き締まって見えますね。
昨日ルーペで確認したところ、触角の白い部分も全部微毛でした。
きっと標本にしても綺麗に残ることでしょう。

チョッキリの色が変わるというと、すぐ思い浮かぶのは
ドロハマキチョッキリですが。
さて、何チョッキリだったんでしょう(^ ^)

バランスも模様も美しい虫ですね~
カミキリの触角ってほんといいですねぇ。
これは子供のときから思っていました。
達人さんや地元との人との採集 驚く様な成果、学習をしますよね。どの道でも素敵な先輩は必須アミノ酸です。

やっちゃいましたか…
♀しか採集したことがないです。つくずく羨ましいっす。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

地味なのに・・・

たぶん 自分では見つけられないかもしれませんが
こんなに綺麗に撮ってもらうと 地味なのに派手に見えてしまうのは何故でしょう?
触覚の途中の白を先頭に白がポイント高いですね!

先日 知ったのですが
土曜日に捕った チョッキリはもう標本あるそうです。
年月が経つと 色が変わる者があるそうです。学習しました。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/468-229d6238
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ハセガワトラカミキリ・・・

第1目標の赤い胸のカミキリが全然いないので
しんちゃんさんと一緒に昨年ハセガワトラカミキリ(珍種ですよ)が採集されたという伐採地に行くことにしました。
途中ヤナギにつくというイタヤカミキリなんかもチェックしつつ。
イタヤの方はまだ早かったようで昨年までの痕跡ばかりが目に付きました。
とはいえ、こちらはいずれ採集できることでしょう。
で、到着。


ヤマブドウの伐採されたつるが積み重ねられてトラップになっています。
「もう今年はいないんじゃないかなぁ」としんちゃんさん。
ところが。です。
「あっ、いた」
そう言って草の葉の上にいる♀をしんちゃんさんが発見!
なんだか力なく葉っぱの上に乗っかっていたので、
二人で写真を撮ることに。
しんちゃんさんが何枚か撮った後、僕の番。
ところがファインダーを覗くと確かにそこにいた姿がなくなっています。
「こりゃまずい(汗)」
そう思ったのですが、すぐ下の枝に移動していただけのようで、
ホッとしながら一枚。
20070704_hasegawa_02.jpg

[ハセガワトラカミキリ]
うーん、エレガントなカミキリだなぁ。
「そのまま確保してください」とおっしゃってくださったので触角を摘んで採集。
この時、しんちゃんさんの中ではある計画が出来ていたようです(^ ^)

さて、その後。もう一度クロツバラを見回りに最初の場所まで戻り探索。
けれども一向に虫の姿が見当たらないので、土場に移動しようということになりました。
で、せっかく通り道なので「寄ってもいいですか。」と僕。
先ほどクロツバラのポイントで会ったカミキリ屋さんがすでにポイントに入っています。
が、皆さん知り合いなので混ぜてもらい、先ほどしんちゃんさんが発見した辺りに目をやったときです。
枯れつるの上に「ヘタっ」と何かがいるのが見えました。
なんだか小さなゴミムシのような・・・だんだん焦点が合ってくるとようやく理解できました。
「いました!!!!」
例の法則を証明するかのごとくカメラを持たずに車から降りた直後の出来事です。
車に戻ってカメラを持ってくる心の余裕が吹っ飛んでしまっています。
「採っちゃってもいいですか。」
と手を伸ばそうとした時です。しんちゃんさんがいつになく鋭い声で
「落ちるぞ!!気をつけて!!」
我に返って慎重に手を下に添えて捕まえることが出来ました。今度は♂です。
しみじみとうれしい(^ ^)
20070704_hasegawa_01.jpg

(帰宅後に撮影:♂の触角は非常に長い)
現地ではあまり感じなかったのですが、このカミキリ、ものすごく敏感で確かにすぐ落ちます。
そして動きがとても速い。きっと現地で落としたら再発見は無理だったと思います。

初採集の余韻に浸っている間に、しんちゃんさんは現地で行き会ったKさんにノコギリを借りて
ヤマブドウのつるを切っています。
「これくらいの長さでいい?」
そうです。累代飼育をしてみようという計画です。

車に積んであったコンテナケースに切断したつるを入れてきたものの。。。

帰りの車中でもどうしたら成功するか、と言う話が何度も繰り返されました。
問題はこの日採集した♀が交尾を済ませているかということ。
それと、もし交尾していないとすると採集した♂と一緒にして交尾させなければいけないこと。

現地で会った虫屋さんに、♂と♀を一緒にすると、たいていの場合♂がぼろぼろになってしまうという情報を頂いていたので
ものすごい葛藤がありました。
しんちゃんさんは別れ際に、交尾済みであるという前提で
「♀は任せたから。好きなようにしていいよ。」とおっしゃってくださったんですが、
なんだか余計に使命感が。。。
で。


20070704_hasegawa_06.jpg



20070704_hasegawa_07.jpg



20070704_hasegawa_03.jpg


なんとか第1関門をクリアしました。ホっ。
あとは無事産卵してくれればいいのですが。。。

このカミキリ、僕一人ではもしかしたら一生出会えなかったかもしれないカミキリです。
こんなチャンスに巡り会わせてくださったしんちゃんさんに大感謝です。

12件のコメント

>牛柄さん

僕もカミキリを気にし始めてから
いろいろな方のHPや図鑑を拝見してはどれもが珍しく見えたものです。
自分で探し始めると確かに「これはたくさんいる」「こんなの本当にいるのか」
というのがだんだん分ってきて、それがまた楽しいものです。
ハセガワトラ想像以上にスマートでエレガント。
写真では伝えきれない魅力を発していました。

ハセガワさんが珍種とはKOH16さん言うけれど・・・。
俺の目にはKOH16さんがUPするもの全てが目新しいもの、珍種に見えます。
これ、触角が繊細で綺麗ですね。
途中にある白い斑が素敵なカミキリです。
肢のデザイン、均整の取れたボディも素晴らしい。
こういったいろんなカミキリを狙って捕らえることが出来るって、スゴイです。

>しまちゃんさん

そうですね。無事産卵してくれたら、ですけど。。。
クワガタとかと違って分りづらいんだろうなあ。
北に行かれるのですか。そんで来週アタックという感じですか。
きっといい頃合いなんじゃないでしょうかね。アカムネもヤツボシも。
片っ端から見つけていくしまちゃんさんの姿が目に浮かびます(^ ^)
リンゴもルッキングとは、素晴らしいです。飛んでるのしか見つけられません(^ ^;;
産卵痕も拝見しました。初めて見ましたよ!!

>しんちゃんさん

本当に幸運でしたね。しかも2回とも同じ場所とは。
僕はしんちゃんさんに感謝です(^ ^)
最後の写真はその目にピントを持ってこようとやってみたものです。
オスメス両方になんとか合わせられたかな。。。
「何見てんだよ」って雰囲気ですよね。
実は触角を震わせている写真にも挑戦したんですが、微妙に面白くないものになってしまいましたので没です。
や、嫁さん。自信は未だにないです(^ ^;;

来年(かな?)が楽しみですね。今年は北から帰宅した週末に出動する予定です。でも、また♀だろうなぁ~~~~。

悔しいから今日はリンゴちゃんを5つ拉致してきました。どうだ、いいだろう!




あ~~~、虚しい…
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

幸運

この種類に出会うのは、かなり幸運だと思います。その幸運が私たちに訪れて感謝ですね。
それにしても画像は迫力満点。特に、目つきがすごいなぁ?と感心しました。
たまには、自慢を少々、許してね。この種類は以前、奥日光で出会っているので、今回は、まず撮影しようという余裕がありました。触角を微妙にふるわせているしぐさが面白いし、トラ類の中では異様に触角が長いですね。
で、嫁さん、よろしくね。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : しんちゃん
  • URL
  • 編集

>florさん

綺麗な放物線を描く触角はとても綺麗です。
結構これに類似した色パターンを持つカミキリって多いのですが、どうやらアリに擬態しているようです。
美しい虫ですね。
このところ、自分ひとりでは一生採集できないような虫に会わせて頂いています。
ひたすら感謝するのみです(^ ^)

>しまちゃんさん

やってしまいました。
うれしいっす。
しかしメスに比べてオスって小さいのね・・・。
触角が長すぎて、細すぎて。
切れてしまわないかとヒヤヒヤしております。

>kyonさん

そうなんです。地味なんですよ。
特に現地で見たときはこの長い触角も回りに溶け込んでしまって全然見えませんでした。
おっしゃるように、白がアクセントになってとても引き締まって見えますね。
昨日ルーペで確認したところ、触角の白い部分も全部微毛でした。
きっと標本にしても綺麗に残ることでしょう。

チョッキリの色が変わるというと、すぐ思い浮かぶのは
ドロハマキチョッキリですが。
さて、何チョッキリだったんでしょう(^ ^)

バランスも模様も美しい虫ですね~
カミキリの触角ってほんといいですねぇ。
これは子供のときから思っていました。
達人さんや地元との人との採集 驚く様な成果、学習をしますよね。どの道でも素敵な先輩は必須アミノ酸です。

やっちゃいましたか…
♀しか採集したことがないです。つくずく羨ましいっす。
  • 2007-07-05
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

地味なのに・・・

たぶん 自分では見つけられないかもしれませんが
こんなに綺麗に撮ってもらうと 地味なのに派手に見えてしまうのは何故でしょう?
触覚の途中の白を先頭に白がポイント高いですね!

先日 知ったのですが
土曜日に捕った チョッキリはもう標本あるそうです。
年月が経つと 色が変わる者があるそうです。学習しました。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/468-229d6238
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。