Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>しまちゃんさん

なるほど~。
春になったら出てきたりするのかもしれないですね。
むしろアシナガの寝床だと怖さ倍増です。
幸い置物にする気はないので、刺されることはないと思います(^ ^)
  • 2008-01-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

勿論、ネジレバネではなくて生き残りのワーカーと羽化の遅かった新女王です。恐らくワーカーは死んでるだろうけど…年内なら、♂なんかも見れたかもしれませんね。

気を付けなければならないのは、アシナガが越冬場所として使用している恐れがあるので、置物に持ち帰る場合は注意が必要です。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

>rooさん

や、もうこの時期は用済みになった巣しかないと思っていたので
怖くも何ともなかったのです。
スズメバチの巣はほんと、アートですよね。
シンプルに作られているのに複雑なデザインです。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

バスケットボール大!
怖いもの撮りたさ、でしょうか。

ハチの巣って、アップでみると現代芸術ぽくてアートですね。自然の造形美って、凄い!奥様も凄い!
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : roo
  • URL
  • 編集

>ありぱぱさん

いや、ほんと。怖いですよ。
巣を守っているスズメバチには幸い遭遇したことがありませんが、
多分洒落にならない・・・。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>しまちゃんさん

この時期に生き残りが巣の中にいたりするんですか(@ @)
全くそんなことは思わず脳天気に「ちょっと削ってこうか」とか思っちゃいました。
生き残ってたとしてネジレバネではなくて、ですか?
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>牛柄さん

出来方が分かっていれば当然こうなる、と分かっていても
やはり驚かざるをえない何かがありますね。
ほんと、よく駆除されなかったものだ、という感じで
道から5mと離れていなかったんですよ。
これにも驚きです。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

綺麗ですね!! でも9月頃だったら怖いかも(^-^;
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : ありぱぱ
  • URL
  • 編集

なかなかの大きさのコガタですね。
ひょっとしたら、生き残りが巣内にいるかも…
  • 2008-01-21
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

綺麗ですね、まさに自然の芸術。
理論的に考えれば至極なのかもしれませんが、この造詣、マーブル模様、スズメバチさんグッジョブです^^
ヒトが通る場所にあるということですが、よく見つけられて駆除されずにここまで成長したもんですね。
  • 2008-01-21
  • 投稿者 : 牛柄
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/599-f46d782e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

飲み込み,取り込む.




昨日の鳥探しの最中のこと。
「今日はやけにアグレッシブだなぁ」と薮漕ぎをしている妻を遠目で見ていたら、
「すっごいの見つけたっ!」
と言いながら戻ってきました。
カメラで再生して見せてくれたんですが
「ほうほう、こりゃすごい」
ということで僕も。
20080120_minuma_11.jpg

それがこれ。
どうやらコガタスズメバチの巣のようです。
大きさはバスケットボール大かなぁ。
周りの枝を取り込みながら作られています。
なんだかこの林の心臓みたい。

スズメバチの巣に見られるこのマーブル模様、
まさに自然が生んだ芸術っていうのは、こういうことなんだと思います。
子供の頃はよく民家の軒下でキイロスズメバチの巣を見かけたものですが、
最近はスズメバチもすっかり悪者にされて目にする機会が減りました。
そういうわけで目にするのは本当に久しぶりだったんですが、やっぱりほれぼれします。 

僕の持っていたレンズでは思い切り引いてもこれ以上周囲を写せませんでした。
代わりに妻が写した写真を拝借。
20080120_minuma_09.jpg

すごい迫力だ。。。

この辺、周辺の人たちの抜け道的な感じなのですが、
大丈夫だったのかな。
刺された人もいるかもしれないです。
そのくらい、夏から秋にかけては鬱蒼としていそうな場所でした。

ということで。
久々のちょこっと虫ネタでした(^ ^;

10件のコメント

>しまちゃんさん

なるほど~。
春になったら出てきたりするのかもしれないですね。
むしろアシナガの寝床だと怖さ倍増です。
幸い置物にする気はないので、刺されることはないと思います(^ ^)
  • 2008-01-23
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

勿論、ネジレバネではなくて生き残りのワーカーと羽化の遅かった新女王です。恐らくワーカーは死んでるだろうけど…年内なら、♂なんかも見れたかもしれませんね。

気を付けなければならないのは、アシナガが越冬場所として使用している恐れがあるので、置物に持ち帰る場合は注意が必要です。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

>rooさん

や、もうこの時期は用済みになった巣しかないと思っていたので
怖くも何ともなかったのです。
スズメバチの巣はほんと、アートですよね。
シンプルに作られているのに複雑なデザインです。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

バスケットボール大!
怖いもの撮りたさ、でしょうか。

ハチの巣って、アップでみると現代芸術ぽくてアートですね。自然の造形美って、凄い!奥様も凄い!
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : roo
  • URL
  • 編集

>ありぱぱさん

いや、ほんと。怖いですよ。
巣を守っているスズメバチには幸い遭遇したことがありませんが、
多分洒落にならない・・・。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>しまちゃんさん

この時期に生き残りが巣の中にいたりするんですか(@ @)
全くそんなことは思わず脳天気に「ちょっと削ってこうか」とか思っちゃいました。
生き残ってたとしてネジレバネではなくて、ですか?
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

>牛柄さん

出来方が分かっていれば当然こうなる、と分かっていても
やはり驚かざるをえない何かがありますね。
ほんと、よく駆除されなかったものだ、という感じで
道から5mと離れていなかったんですよ。
これにも驚きです。
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

綺麗ですね!! でも9月頃だったら怖いかも(^-^;
  • 2008-01-22
  • 投稿者 : ありぱぱ
  • URL
  • 編集

なかなかの大きさのコガタですね。
ひょっとしたら、生き残りが巣内にいるかも…
  • 2008-01-21
  • 投稿者 : しまちゃん
  • URL
  • 編集

綺麗ですね、まさに自然の芸術。
理論的に考えれば至極なのかもしれませんが、この造詣、マーブル模様、スズメバチさんグッジョブです^^
ヒトが通る場所にあるということですが、よく見つけられて駆除されずにここまで成長したもんですね。
  • 2008-01-21
  • 投稿者 : 牛柄
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/599-f46d782e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。