Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

>yamanao999さん

草の上のボニョwww
セミでもよく見かけますよね。
菌の種類は当然違うんでしょうけど、
節という節がポップコーンみたいになったような。。。
自然の中にあると、決して目をそむけるようなものではないんでしょうけど、
受け入れがたい人は結構多いんでしょうねえ・・・
  • 2008-08-21
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

死んでどのくらいの日数で菌をばら撒くのか経過を見た事が無いのでわかりませんが、最初はお尻のあたりがブニョブニョになって正に「草の上のボニョ」といった感じのグログロな死骸になります。その後、乾燥してお尻と頭が落ちます。多分ですが、この時点で菌を撒いているのだと思われます。
胴だけ残ったものや、3段にも4段にも重なったものなど、バリエーションが豊富で興味深々に見ておりましたが、気持ちの良いものではありませんねぇw;
  • 2008-08-21
  • 投稿者 : yamanao999
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/770-5a03f715
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

恐るべき死

山中で見つけたもの。

バッタの死骸です。

草にしがみつきながら死んでいました。
死後、それなりに時間は経っているよう。

先日、yamanao999さんのブログで紹介されていた
菌によるものだろうと、すぐに気付きました。


いわゆるボーベリア菌の一種の仕業だそうです。
宿主の体を乗っ取り、草によじ上らせるらしいです。

ハリガネムシがハラビロカマキリを操って、水場に向かうというのと同じ感じです。
極めて単純な生物が、より高等な生物の体を乗っ取る。
という構図は、SFの中だけではなく、実際に起きている出来事なんだな。
そう考えると何ともいえない恐ろしさにゾッとします。


2件のコメント

>yamanao999さん

草の上のボニョwww
セミでもよく見かけますよね。
菌の種類は当然違うんでしょうけど、
節という節がポップコーンみたいになったような。。。
自然の中にあると、決して目をそむけるようなものではないんでしょうけど、
受け入れがたい人は結構多いんでしょうねえ・・・
  • 2008-08-21
  • 投稿者 : KOH16
  • URL
  • 編集

死んでどのくらいの日数で菌をばら撒くのか経過を見た事が無いのでわかりませんが、最初はお尻のあたりがブニョブニョになって正に「草の上のボニョ」といった感じのグログロな死骸になります。その後、乾燥してお尻と頭が落ちます。多分ですが、この時点で菌を撒いているのだと思われます。
胴だけ残ったものや、3段にも4段にも重なったものなど、バリエーションが豊富で興味深々に見ておりましたが、気持ちの良いものではありませんねぇw;
  • 2008-08-21
  • 投稿者 : yamanao999
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/770-5a03f715
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。