Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/918-de38ed94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

知らなかったことを知った

カワラヒワといえば、とても奇麗な羽を持ち、優しい声でさえずるスズメサイズの小鳥。
確かにそれはそうなのですが、何かを調べていてびっくりな事実を知りました。

これ、今までカワラヒワだと思っていたのですが
「オオカワラヒワ」という亜種らしい。
それに対して亜種カワラヒワは、別名コカワラヒワと呼ばれるそうで、
「判別」のポイントは(オオカワラヒワの)三列風切が幅広く白くなることだそうです。
「同定」のポイントはどこだろう。
鳥の場合、毎度悩まされるのが、ネット情報(というか、写真)が結構いい加減なことで
「これはオオカワラヒワです」「これはカワラヒワです」
という写真を集めて並べたら、少なくとも外見では区別できなくなりそうです。
そんな訳で、ここいらで見られるカワラヒワに2亜種いることまでは分かったものの
今だにこの写真がオオカワラヒワなのか断定できないでいます。
そして、秋から冬に鳥を見ている僕には、これぞカワラヒワ。という写真もなく悶々悶々。
ま、白くないのを今度探してみることにしようと思います。

それと日誌的に。
20090205_ookawara_02.jpg
新型着手。
面の取り回し方を大きく変えてみます。
エナガはとりあえずしばらくあのままw

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://koh16.blog11.fc2.com/tb.php/918-de38ed94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

+++ダウンロード販売+++

原色甲虫図鑑のタマムシのカラープレートにならって深度合成標本写真で作りました。125種1000円です。アオタマ画像クリックか下記リンクからどうぞ!

甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ
甲虫図鑑III巻 プレート1-7対応補完データ

+++twitter+++


大したことつぶやいてませんが・・・

+++flickr+++


英語版写真倉庫です
ブログ未掲載の写真も

+++flickr更新情報+++

+++種別記事リスト+++

++旅行記++

++特設コーナー++

ちょっと変わった生き物とかのエントリーをまとめときます。

+++Recent entries+++

+++Comments+++

+++Links+++

+++過去の記事一覧+++

+++ブログ内検索+++

++ムシボクchannel++

動画をアップしています

+++Profile+++

KOH16

  • Author:KOH16
  • 社会人になって昆虫採集熱が再燃。
    ムシトリアミを片手に子供の頃に戻って
    一喜一憂の週末を過ごしています。

+++Monthry archives+++

+++category+++

+++RSSフィード+++

+++Contact+++

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メール送信の前に

+++access+++

+++Now+++

+++お知らせ+++

recommend_bnr02.png

designed by

・ムシトリアミとボクはリンクフリーです
・当ブログの記事、写真等の無断転載を禁止します
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。